FC2ブログ

虫を調べる ムネスジノミゾウムシ

3月24日に見たゾウムシを調べてみました。



こんなゾウムシです。後脚腿節が太いのでノミゾウムシの仲間です。上翅基部に白い紋があり、前胸背板に白い毛の2列があるのでムネスジノミゾウムシかなと思ったのですが、一応、検索表で調べておこうと思って「原色日本甲虫図鑑IV」で調べてみました。その結果、やはりムネスジノミゾウムシになったのですが、検索の過程を残しておこうと思って書きました。



これはノミゾウムシ族の属の検索表とRhynchaenus属の種の検索表を合わせたものですが、全部で10項目を調べればよいことになります。これをいつものように部位別に見ていきたいと思います。



最初は横からの写真です。体長は2.4mmで、⑥と⑩の範囲内に入っています。①と⑦はこの写真で分かると思います。



次は背側からです。灰色毛の分布についてですが、検索表に書いてあることは何となく理解できます。



触角は「くの字」に曲がり、また、口吻から出ていることが分かると思います。



前胸背板の縦条が何となく見えます。たぶん、これのことかなと思いました。



よく見ると白い鱗状の毛の他に黒褐色の細い毛が生えていることが分かります。



後脚脛節の腹側部分です。扁平な部分が基部から半分以上伸びていて、その中心に1列の刺毛列が見えます。



これは前脚脛節末端の刺状突起(黒矢印)を写したものです。ということで、一応、図鑑に載っている検索表の項目はすべてクリアしました。「日本列島の甲虫全種目録」によると、属名が変化していました。たぶん、近似種が多いと思うので、どこまでこの検索表が使えるか分からないのですが、とりあえず記録として残しておきます。

ついでに検索には使わなかった写真です。



腹側からの写真です。



触角を写したものです。



上翅の基部にある白斑を写したものです。こんな幅の広い毛によって紋が作られているのですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ