FC2ブログ

「廊下のむし探検」雑談

昨日ようやく熱が下がりました。まだ、ふらふらするのと、腰が痛くて仕方がないのですが、とりあえず食欲も少し戻り、だいぶ日常生活に近づいてきました。それで、この間から作っていた、過去のブログの写真整理を始めました。もうEXCELに必要事項は打ち込んであるので、後はホームページ用に直すだけなのですが、甲虫の科の整理を始めてからハタと困りました。今回は亜科もちゃんと入れようと思って、「日本列島の甲虫全種目録 (2017年)」を使わせていただこうと思っていたのですが、これと「原色日本甲虫図鑑」の分類とがかなり違っています。例えば、

ハンミョウ科→オサムシ科
クチキムシ科、ハムシダマシ科→ゴミムシダマシ科
チョッキリゾウムシ科→オトシブミ科
キクイムシ科、ナガキクイムシ科→ゾウムシ科
シバンムシ科→ナガシンクイムシ科
ホソカタムシ科→ムキヒゲホソカタムシ科、ツツホソカタムシ科、カクホソカタムシ科、ツヤホソカタムシ科
           マルホソカタムシ科

などです。この分類は次の論文に依っているとのことです。

B. Bouchard et al., "Family-group names in Coleoptera", Zookeys 88, 1-972 (2011). (ここからダウンロードできます)

どのぐらい汎用性があるのか分からないのですが、上の目録があまりに見事に整理されているので、それに従うことにしました。とりあえず、ハムシ科については亜科を調べて確認したのですが、亜科レベルでもだいぶ異なります。というわけで、まだ途中段階なのですが、一応、載せておきました(こちらの甲虫画像リストを見て下さい)。何度も言うようですが、種名はブログに書いたときのものをそのまま載せているので、違っているものも多いと思います。そのつもりで見ていただけると幸いです。修正はブログの記事と連動して行うつもりなので、少しずつやっていきます。

追記2018/02/01:まだ、体調がまだ十分ではないので、外へ撮影に行ったり、顕微鏡写真を撮ったりできません。それで、過去のブログに出した写真整理を進めました。今日はアザミウマ目、アミメカゲロウ目、イシノミ目、シリアゲムシ目、ヘビトンボ目、ラクダムシ目、鳥類の整理が終わり、このブログ付録のホームページの「廊下のむし探検」総合画像リストの中に加えました。一種ずつ「日本昆虫目録」などで調べていったので、意外に大変な作業でした
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

昆虫の分類は、所属の変更などが頻繁で巨大データベースの管理は大変ですね。いつも見させて頂いていますが、丁寧な同定作業には尊敬致します。私はもっぱら図鑑の絵合わせです。

No title

meg*neu*a*1さん、こんにちは
いつも見ていただいて有難うございます。
甲虫の分類もずいぶん変わってしまっていて戸惑いました。こうやって折角、新分類で入力しても、次の瞬間、別のものに変わってしまうかもしれません。まぁ、仕方がないですけど。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ