FC2ブログ

虫を調べる ハグロハバチ

先日、家の近くの国道沿いの茂みで黒いハチを見つけました。



こんなハチです。いかにもハバチの仲間です。これは採集しておき、先日、各部の名称をつけてみました。今日はその続きで検索をしてみたいと思います。

検索には、「絵解きで調べる昆虫」の中に載っている、内藤親彦、吉田浩史、「ハバチ・キバチ類(ハチ目広腰亜目)の絵解き検索」を用いました。その結果、ハグロハバチ属になったのですが、さらに、「大阪府のハバチ・キバチ類」に載っている種の検索表で検索した結果、ハグロハバチ Allantus luctiferになりました。その過程を写真で確かめていこうと思います。



まずは科の検索です。これは腰が広いハバチ亜目についての科の検索です。全部で①から⑦の7項目ありますが、いつものように部位別に見ていきたいと思います。



まず、これは背側からの写真です。ここでは前胸背板の中心部分が狭く、中胸背板に横溝がなく、腹部末端に目立つような産卵管鞘(valvula3)がないことを確かめます。



これは頭部を前面から見たものです。まず、触角は複眼下端より上から出ています。さらに、頭盾を前額から分離する溝が見えています。



さらに、触角第3節が特別に長くはなっていません。また、全体では9節で糸状です。ということで、ハバチ科になりました。



次は亜科の検索です。ここでは⑧から⑬までの6項目を調べることになりますが、⑪を除いては翅脈に関するものです。



まず、⑧で基脈と肘脈がほぼ一点で交わっていることを見ます。これがもし離れているとハバチ亜科やシダハバチ亜科になります。次に⑨で径横脈があることを確認します。これがないとヒゲナガハバチ亜科です。次に第1、2反上脈が異なった肘室に交わっています。これもヒゲナガハバチ亜科を除外する項目です。次は⑫で、基脈がほぼ直線状で第1反上脈とほぼ平行になっていることです。これが異なると、ハムグリハバチ亜科などになります。最後は肛室は完全に閉じていることを見ます。この基部が翅室になっていないとマルハバチ亜科になります。



次は先ほども出た写真で、触角は全9節以上であることは確かです。ということで、ハグロハバチ亜科になりました。



次は属と種の検索です。これには⑭から⑳までの7項目を確かめることになります。



まずは先ほどから何度も登場している触角の写真で、触角は全部で9節からできています。



次は大顎が左右で形の異なることを見ます。これはなんだか不思議な感じですね。ハグロハバチ亜科の大顎には左右対称のものも非対称のものもいるようです。



次は翅脈です。⑯は閉じた肘室が2室であることを確かめます。⑰は後翅に関してです。中室は通常M脈で囲まれる翅室ですが、後翅に関してはどこを指すのかよく分かりませんでした。本の絵を参考にすると、⑰で示した部分に閉じた室があるかどうかを問うているようです。これにはありません。⑲と⑳は翅の色に関するもので、共にOKです。



触角の長さは正確には測っていませんが、見るからに腹部よりは短いと思われます。⑳は♀についての項目ですが、腹部第1背板の両側に白い部分があるという内容です(矢印で示した部分)。ということで、すべての項目が確かめられたので、たぶん、ハグロハバチで間違いないと思われます。

検索の項目が20もあると、すぐにやる気がなくなってしまいそうですが、検索表に載っている部位を地道に調べ、一つ一つの項目をじっくりと確かめていくと意外に簡単に検索をすることができます。その過程で、いろいろと変わった構造にもお目にかかることができ、結構、楽しめます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ