FC2ブログ

植物を調べる キンミズヒキの実

最近、「植物を調べる」という書庫を作ったので、そこに入れるためにちょっと調べてみました。9月14日に家から車で30分ほどのところにある里山に行きました。そこで、キンミズヒキの花を見つけました。



ちょっと日陰になった道沿いに結構、いっぱい咲いていました。そういえば、キンミズヒキの実も「ひっつき虫」だったなぁと思い出して、一部、採集して顕微鏡で見てみました。



こんな感じになっていました。突起がいっぱい出ていて、その先が皆引っ掛けるように曲がっています。



さらに拡大してみました。まるで杖みたいな格好です。意外に簡単な仕組みでした。でも、この曲線は美しいですね。どうやってこんな形がつくれるのだろう。

これで、ひっつき虫4種類を調べたことになります。イノコズチコセンダングサアレチヌスビトハギ、それに、今回のキンミズヒキです。みんな、引っ付く仕組みが少しずつ違いますね。こうなったら、ひっつき虫をみんな調べてみたくなりました。他に何があったかなぁ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

一秋(野草)さん、こんにちは
コメントどうも有難うございました。いろいろな植物でそれぞれの工夫を比べてみると面白いですね。メナモミですか。ちょっと探してみます。

>( イノコズチのリンクがアレチヌスビトハギになってます。)
イノコズチはアレチヌスビトハギの下に載せていたので、リンク先が一緒になっていました。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ