FC2ブログ

廊下のむし探検 クチバスズメ、イラガほか

廊下のむし探検 第123弾

真夏の暑さが続くと、外を散歩するのが大変なので、マンションの廊下だけにしておこうと思うようになります。廊下でも、隅から隅まで歩くと2000歩ほどになるので、そこそこ散歩代わりになるかもしれません。

虫は相変わらず少ないです。この日、目立った虫は大きなスズメガでした。



これはクチバスズメといいます。よく見る蛾ですが、標本は一頭しか作っていません。大きな蛾はかさばるので、あまり標本を作らないようにしていました。図鑑によれば、幼虫はクリなどのブナ科の植物を食べるそうです。スズメガの仲間の胴体が太いのは、筋肉が詰まっているからだと聞いたことがあります。スズメガは花の蜜を吸うときに長い口吻を伸ばして、ホバリングをしながら吸います。その時、ものすごい勢いで翅を動かさなければならないからです。でも、私は胴体の太い蛾がどうも苦手です。この日もちょっと離れたところから写しました。



これまで〇〇イラガという名前の蛾がたくさん登場しましたが、これは純正のイラガです。イラガの幼虫は柿や栗の木などにいるので、柿もぎや栗拾いのときに刺されることがあります。危険・有害生物の図鑑を見ると、鋭い針のような毒棘(どくきょく)が240本ほど生えていて、皮膚に刺さると先が折れて中の毒液が注入されるとあります。私は刺されたことがないのですが、刺されると感電した時のような激痛が走るが、数時間で痛みは消えるそうです。成虫には毒はありません。



非常に凝った模様の蛾ですが、これまで何回か登場したヤガ科のアミメケンモンです。



小さい蛾ですが、模様ははっきりしているので、図鑑を探すとすぐに見つかります。ヤガ科のウスグロセニジモンアツバという名前です。「セニジモン」という名前が何を意味しているのか分からなかったので、学名で検索して見みました。中国語では見つかりませんでした。大図鑑によると日本の特産種だそうですが、韓国語では見つかりました。直訳すると、「淡黒で小さく、ちょこちょこ動く蛾」で、「セニジモン」とは直接関係なさそうです。



あるサイトには「背虹紋」という漢字を当て、背中の模様が虹色に光るからだと書いてありました。写真ではよく分かりませんが、標本に光を当てると、上の写真のように胴体の横の部分に虹色の点がいくつか見えます。これのことなのでしょうか。



これも先日から似た種がいろいろと出てきていますが、これは別種で、ヒトリガ科のハガタキコケガです。よく見ると、種によって筋の入り方が少しずつ違います。



このアオシャクはクスアオシャクといいます。このブログでは初めてですが、時々見ます。



小さいけれど元気のよい蛾で、近づくとすぐに逃げてしまいます。何度か繰り返しているうちに、よその家の玄関の横でやっと止まってくれました。こっそりと近付いてパチリ。ツトガ科のモンキクロノメイガです。



これはメイガ科のフタスジシマメイガです。以前はよく見た蛾だったのですが、最近はあまり見ません。



似た種がいくつか出てきて、そのたびに苦しみます。縁毛が綺麗に生えているので写真を載せました。おそらく、シロテンウスグロノメイガだと思うのですが、自信はありません。



「日本原色カメムシ図鑑」を調べたのですが、見つかりません。もう一度、見直してみると、非常に小さい写真が載っていました。おそらく、ナガカメムシ科のクロナガカメムシではないかと思います。(追記2015/10/25:同じような個体が採集できました。採集された個体は、跗節、脛節、前中脚腿節基部と末端、後腿節基部側半分、転節などが淡色です。また、各脚基節窩は黒いです。たぶん、ホシカメムシ科のクロホシカメムシだと思われます。ただ、前胸背前縁近くに黒い光沢のある紋は見られず、一面に点刻があるので、ちょっと心配です。この写真の個体は今回採集された個体と似ています



これまで何度か登場していますが、幾何学的な美しさあるので、もう一度載せます。キイロカワカゲロウです。



コガネムシ特有の翅にある筋が見えないので、図鑑を何度か見直したのですが、よくは分かりませんでした。ドウガネブイブイかなと思っています。



最後の甲虫はセンチコガネです。ストロボをたくと色が黒っぽくなってしまうので、向きを変えて何枚か撮影したのですが、少し色が見える感じです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ