FC2ブログ

家の近くのむし探検 蛾、ハエ

家の近くのむし探検 第289弾

7月12日に公園で見つけた虫たちです。暑さが増してきて、虫もだんだん少なくなってきました。そうなると、ついついハエを撮ってしまいます。



でも、まずはマンションの壁にいた蛾からです。これも苦手な蛾の仲間です。というのは、似た種が何種もいるからです。そこで、ちょっと特徴をまとめてみました。



シロテンとあるのは、シロテンウスグロノメイガのことです。すべて、ウスグロノメイガを後ろにつけてください。この仲間の♂は腹部が長く伸びるので、この写真の個体は♀のようです。それで、「標準図鑑」に載っている♀の特徴だけを書いてみました。赤字はどうも違うと思われるところです。それらを加味した判定を最後に載せました。これからは、ヒメアカとアカが第1候補になるのですが、外横線が直線的で前縁に近いところで角張るというヒメアカが一番合っているかなと思って、ヒメアカウスグロノメイガにしてみました。



このアミメケンモンもマンションの廊下の壁にいたものです。



後は公園で見ました。公園ではこんな感じで撮れることが多いですね。たぶん、フタホシシロエダシャク



チャドクガ



フタテンオエダシャク。蛾はこんなところでした。





ユスリカはこの手のが多かったです。これは以前調べたことのあるフチグロユスリカではないかと思います。ともに♂ですね。



もっと小さなユスリカもいました。たぶん、ナカオビツヤユスリカの♂。



これはキモグリバエの仲間のようです。



今年はこのハキナガミズアブが多いです。あちこちに止まっていました。



最後のこのハエは何でしょうね。残りの虫は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ