FC2ブログ

家の近くのむし探検 ハエ、ハチなど

家の近くのむし探検 第268弾

6月19日に林の入り口に行ったときの続きです。





2枚めの写真で翅の模様がよく見えます。これから以前も見たクロホソスジハマダラミバエかなと思いました。



初めハチかなと思ったのですが、触角がどうも違います。次にタマバエかなと思ったのですが、翅脈が少し違うようです。結局、以前調べたヌカカ科であることが分かりました。その時はモモグロヒラタヌカカ Atrichopogon femoralisと教えて頂いたのですが、その種か、その近傍の種だと思われます。





前脚脛節の刺が見えないのですが、たぶん、マダラホソアシナガバエだと思います。



これは翅の模様がないのですが、翅脈のM1が基部に少し戻ってほぼ直角に曲がっている点、M2脈が翅縁まで達していることなどから、同じCondylostylus属だと思われます。「日本産アシナガバエ科チェックリスト」によると、この属にはitoi、japonicus、luteicoxa、nebulosusの4種が載っています。そのどれかかなぁ。





ハチは一応、撮ることは撮るのですが、小さいハチは実は山ほどいます。でも、名前はおろか、科もさっぱりわかりません。



ヤマトシリアゲの♀だとは思うのですが、一度、♂の交尾器をきちんと調べてみたいと思っています。





ササキリ類の幼虫でしょうね。結構、可愛いですね。





大きなダニをくっつけています。スジチャタテだと思います。





アリグモの♂が二匹いました。この日はこんなところです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ