fc2ブログ

家の近くのむし探検 甲虫とカメムシ

家の近くのむし探検 第262弾

6月11日にいつもの林の入り口に行ったときの記録です。まずは甲虫とカメムシ目から。





これはヤマイモハムシですね。



これは何でしょうね。背中側から撮ろうとしたら、下にぽたっと落ちてしまいました。そうなるともう分かりません。



クロウリハムシ



このハムシは初めてです。たぶん、ヨツボシハムシ



甲虫の最後はヒメカメノコテントウでした。



最近、アワダチソウグンバイをあちこちで見ます。



何が何だか分からないような姿のも見つけたのですが、これは交尾しているみたいです。



後はいつものシマサシガメ



これに似たのを以前見たことがあります。その時はオオモンシロナガカメムシ5齢幼虫にしていました。それ以上の情報がないので、一応、そうしておきます。



こちらはその成虫です。



「日本産幼虫図鑑」を見ると、アオバハゴロモの幼虫かなと思うのですが、これもそれ以上調べようがないです。



アブラムシ有翅型です。こんな模様だから、何とか分かるかなと思って「日本原色アブラムシ図鑑」の図版をずっと見ていったのですが、ツリフネソウ、カラムシコブ、クワクサヒゲナガ、ヨモギクギケ、ホップイボ、ムギワラギクオマルなど候補はいくらでもいます。みんなこんな感じなのですね。やはり単独ではよく分かりませんね。



こちらはもっと分かりません。アブラムシはホストにいっぱいいないとなかなか分かりませんね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ