FC2ブログ

家の近くのむし探検 甲虫

家の近くのむし探検 第246弾

昨日の続きで5月26日に、いつもの林の入り口の道で見つけた虫です。今日はまず甲虫からです。もう6月になってしまったので、5月分は早く整理してしまわないと・・・。



今日はまずクチブトゾウムシからです。正面からも撮ってみました。



顔の先端の黒い部分を口上板といいますが、ここが黒くて毛がなく、ちょっと三角形になっているというのは前にも出てきました。たぶん、カシワクチブトゾウムシではないかと思います。





白い点のテントウです。この手のテントウはいつも間違えてばかりだったので、今度は少し気合を入れて調べてみました。「原色日本甲虫図鑑III」を見ると、前胸背に1対、上翅に1-3-2-1の順に点が並んでいるのはシロジュウシホシテントウです。合っているかなぁ。(追記2017/06/03:通りすがりさんから、「シロジュウシホシテントウで合ってます。キジラミの幼虫のコロニーで、幼虫や交尾、産卵を見ることができますよ。これは通常型ですが、暗色型や赤色型もあり、比率は地域差みたいで、こちらでは通常型と暗色型が普通で赤色型は見たことが無いです。」というコメントをいただきました。テントウ、合っていたみたいで嬉しいです。キジラミの幼虫のコロニーですか。見つかるかな。色の変化もあるのですね。いろいろと面白そうです



こちらはナミガタチビタマムシかな。一生懸命食べています。



何の葉っぱかなぁ。(追記2017/06/03:通りすがりさんから、「チビタマムシはケヤキを食べているので、ヤノナミガタかナミガタですね。」というコメントをいただきました



葉裏からちょっと顔を出した甲虫。昨年、いっぱいいたキベリクビボソハムシではないかと思います。



これはテントウムシダマシですね。やはり図鑑で調べてみると、イカリモンテントウダマシみたいです。3年前の5月下旬にも見ていました。



このとげとげの虫はタケトゲハムシ。「新訂 原色昆虫大図鑑」によると、タケトゲトゲだそうです。本当にこんな名前になったのかなぁ。ハムシという言葉が入っている方がよいのに・・・。



ルリクビボソハムシとキバラルリクビボソハムシでちょっと迷ったのですが、写真でもちょっと見えている腹部末端が黄色いので、キバラルリクビボソハムシにしました。





この模様からヒメカメノコハムシかなと思っています。



これは以前にも見たドウガネツヤハムシかな。



クズの葉についているのはクズノチビタマムシ



後はマンションの廊下です。これはオオクロホソナガクチキ



コメツキ。ちょっとひっくり返してみよう。



最低限、アカハラクロではないですね。どうもここからが進みません。今度、もう一度、属の検索くらいまではやってみます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

シロジュウシホシテントウで合ってます。
キジラミの幼虫のコロニーで、幼虫や交尾、産卵を見ることができますよ。
これは通常型ですが、暗色型や赤色型もあり、比率は地域差みたいで、こちらでは通常型と暗色型が普通で赤色型は見たことが無いです。

チビタマムシはケヤキを食べているので、ヤノナミガタかナミガタですね。

No title

こんばんは。
テントウ、合っていたみたいで嬉しいです。キジラミの幼虫のコロニーですか。見つかるかな。色の変化もあるのですね。いろいろと面白そうです。

この葉はケヤキですか。植物は始めたばかりで、なかなか葉を見ただけでは分かりませんでした。ヤノナミガタもいるのですね。また、捕まえてこないといけませんね。頭盾比が1.5倍と2倍、それに毛の色。分かるかなぁ。いつも教えていただき、有難うございます。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ