FC2ブログ

家の近くのむし探検 カメムシ、甲虫など

家の近くのむし探検 第240弾

先ほどの続きで、5月17日に家の近くの公園で見たむしたちです。



虫がいないときは、とりあえずたくさんいるイトカメムシを撮ります。





そうこうするうちに虫が見つかります。これはウシカメムシ



それにこれはオオクモヘリカメムシ



小さなカマキリもいました。これがオオカマキリなのか、チョウセンカマキリなのかどこで見分けたらよいのだろう。



甲虫も見つかりました。これはたぶん、マダラアラゲサルハムシ



それにとうとう、バラルリツツハムシらしい個体を見つけました。これにはルリツツハムシという似た種がいます。そこで、今回は採集して、昨日、尾節板を見てみました。詳細は今度載せますが、たぶん、バラルリツツハムシ♂でよいのではと思いました。(追記2018/01/26:「日本列島の甲虫全種目録 (2017年)」によると、バラルリツツハムシ Cryptocephalus approximatusとキアシルリハムシ Cryptocephalus fortunatusは互いにシノニムで、改めてキアシルリツツハムシ Cryptocephalus (Cryptocephalus) hyacinthinusと呼ばれているようです



蛾がやっと見つかりました。アヤホソコヤガでしょうね。



ツツジの葉裏にいたこの小さな虫は何だろう。






公園から帰ってきてマンションに渡る廊下でこんな小さなハエトリを見つけました。測ってみると、体長は4.2mm。「日本のクモ」で探してみると、全体の感じと腹部の4つの点がネオンハエトリに似ています。これが成体ならば♀の方ですね。もしネオンハエトリならば、初めて見たことになります。



最後はこの甲虫。これ1枚撮ったところで、逃げられてしまいました。したがって、後姿しか分かりません。でも、特徴があるので何とかなるかなと思って、頑張って「原色日本甲虫図鑑」を探したのですが、結局、ギブアップ。さて、何でしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ