FC2ブログ

家の近くのむし探検 蛾、ユスリカ、ハチなど

家の近くのむし探検 第234弾

5月11日に近くの公園で虫探しをしてみました。さすがに5月中旬ともなるといろいろと虫が出てきます。今回は蛾、ハエ、ハチなどから。



まずは公園に着く前に見つけたユウゲショウです。道沿いにいっぱい咲いていました。昨年、写真を撮ったのが5月12日だったので、今年もほぼ同じ時期に咲いたようですね。



これも公園に着く前の壁に止まっていたものです。後翅に黒い点があるので、おそらく、アトテンクルマコヤガでしょう。なかなか見事な模様です。



公園に着いてまず見つけたのはこのヤマトカギバでした。そういえば、この公園ではヤマトカギバをよく見ます。幼虫の食草を調べてみると、コナラ、クヌギ、クリだそうです。周りにコナラやクヌギはたくさん生えています。





これはレンギョウの葉に止まっていました。たぶん、トビモンコハマキ。去年は7月に何匹か見ていました。



葉裏止まっていたのを下から写しました。マエアカスカシノメイガかなと思ったのですが、模様をよく見ると、ヒメシロノメイガみたいですね。これまでの記録を見ると、この4年間でこれが4匹目。結構、少なめの蛾です。8-10月に各1匹ずつ見ていました。



後はマンションで見たホシオビホソノメイガ



これも蛾の幼虫だろうと思うのですが、名前は分かりませんでした。



次はハエ目です。腹部の縞模様から、この間も見たナカグロツヤユスリカの♂みたいです。



こちらはセスジユスリカ辺りの♀です。



それにガガンボです。今のところ、ガガンボは手つかずです。



右の得体の知れないものは何でしょう。脚が見えていて、もそもそ動きます。それを左からじっと見ているハチ。(追記2017/06/03:通りすがりさんから、「ツツジの葉上の得体の知れないものは、ツツジコブハムシの幼虫です。葉上どころかツツジから下りていることも多々あり、これが意外と見付からないんですよね。」というコメントをいただきました。これは意外や意外。こんな殻をかぶった幼虫がいるのですね。ネットで探すと皆さん結構写されていますね。ついでに最近の論文も見つけてしまいました。なかなか面白い勉強テーマになりそうです。どうも有難うございました



この腹の白いハチは昨年も見ました。昨年は一応、採集して検索した結果、コマユバチ科にはなったのですが、本当かな。産卵管が見えているので♀。何か狙っているのかな。



先ほどのハチと同じ種だと思われるハチがほかのところにもいました。





たぶん、ナミガタチビタマムシだと思うのですが、最近、よく見るようになりました。昨年も5月中旬ごろの写真が何枚かありました。





最後はネコハエトリです。これも最近、あちこちで見かけます。下の写真のクモはちょっと目を離した隙に獲物にありつきました。



最近、急に増えたヨコバイの仲間を捕まえたみたいですね。



眼の赤い変わった虫がいるなと思って撮ったら、ダニが2匹くっついていました。鬱陶しいでしょうね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツツジの葉上の得体の知れないものは、ツツジコブハムシの幼虫です。
葉上どころかツツジから下りていることも多々あり、これが意外と見付からないんですよね。

No title

これは意外や意外。こんな殻をかぶった幼虫がいるのですね。ネットで探すと皆さん結構写されていますね。ついでに最近の論文も見つけてしまいました。なかなか面白い勉強テーマになりそうです。どうも有難うございました。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ