FC2ブログ

家の近くのむし探検 グンバイムシ、ハエ、クモなど

家の近くのむし探検 第229弾

4月28日に家の近くの公園に行って見つけた虫の続きです。



公園に行く途中でマンションの廊下で見つけたものです。たぶん、ナシグンバイですね。





で、公園に行ったときもツツジの葉の上に止まっているのを見つけました。今頃が出現時期なのでしょうね。記録を見ると、昨年は4月23日と5月4日に見ていました。やはり今頃なのですね。





マンションの廊下でまた、トゲナシケバエを見つけました。上が♀、下が♂ですね。触角を見るとともに11節。検索ではフトトゲナシケバエになるのですが、本当なのかなぁ。



今年は虫が少ない感じです。だいたいいつもの常連たちばかりでした。これはルリチュウレンジ





これはコツチバチ科かな。



ツツジの葉上にはトビイロシワアリがいました。翅脈からはアブラムシを捕まえたのかな。



これはタマバエ科。



クロバネキノコバエ科。



それにヨコバイ科の幼虫でした。どれも、名前は分かりません。



これはウロコアシナガグモの仲間。



それにネコハエトリ。これは何を捕まえたんだろう。



最後は帰りにマンションの廊下で見つけたクモです。以前はイワテハエトリとしていたのですが、Identification of Japanese Jumping Spiders by Picturesというサイトによると、イワテハエトリとヤガタハエトリとは外見上区別がつかないそうです。それで、少し論文を探してみました。

D. V. Logunov, "Pseudeuophrys is a valid genus of the jumping spiders (Araneae, Saltiidae)", Revue Arachnologique 12, 109 (1998). (ここからpdfが直接ダウンロードできます)

これによると、両者は♂の触肢と♀の外雌器に違いがあるようです。綺麗なイラストが出ていました。いずれにしても、採集しないといけないようです。クモ嫌いとしてはどうも抵抗がありますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ