FC2ブログ

廊下のむし探検 いろいろなハチ

廊下のむし探検 第884弾

花の写真展が無事に始まり、ちょっと一息つけるようになりました。展示は1か月間なので、ときどき様子を見にいくだけでよいかなと思っています。

最近は少し暖かくなったので、虫も少しは出ているかもと思って、昨日、マンションの廊下を歩いてみました。でも、いませんね。蛾にいたっては0匹。東京では桜が満開だというのに、こちらではまだ桜のさの字も咲いていません。気温も15度。まだまだ早春という感じです。でも、廊下ではハエ以外に少し虫が見られました。まずはハチから。



セイヨウミツバチがいたのですが、廊下でじっとしています。温度がまだ低いのかもしれません。こんな姿、2月頃によく見かけました。



次はこのハチです。実に奇妙な恰好をしているのですが、やはりハチでしょうね。胴体が太いので、ハバチ亜目でしょう。それで、「絵解きで調べる昆虫」と「大阪府のハバチ・キバチ類」に載っている検索表で調べてみました。この二つの検索表は基本的に同じ内容でした。







採集をしなかったので、廊下で撮った写真で検索をしてみました。真ん中の写真は、翅脈がはっきりしなかったので、黒い線でなぞってみました。間違っているかもしれません。検索は、①、②、③の項目が確認できたことでマツハバチ科になりました。さらに、④の項目により、マツハバチ亜科になります。ここから先は後翅の翅脈を見ないといけないので、ここでストップですが、検索表の中に後小盾板という言葉がでてきて、それが気になりました。たぶん、この上の写真で示した部分を指すのではないかと思うのですが、そうだとすればこの部分が大きいので、マツハバチ属(Diprion)の可能性があるのではと思いました。この属で大阪府で記録されてているのはマツノクロホシハバチ Diprion nipponicusのみだというので、「大阪府のハバチ・キバチ類」の図版に載っている標本写真と比べてみました。腹部背面の色がちょっと違うかもという気がしたのですが、全体的にはよく似ています。また、触角が鋸歯状なのは♀で、♂は羽毛状でした。それで、今のところ、マツノクロホシハバチ周辺の種の♀ということにしておきます。(追記2017/04/04:「新訂 原色昆虫大図鑑III」によると、マツノクロホシハバチの触角は20節だそうです。上の写真の3、4節か、20、21節としたところが分かれていないのかもしれません。もう少し調べてから、図を取り替えます





次はこのハチです。この顔つきに記憶があります。以前、ギングチバチ科コオロギバチ属ヒメコオロギバチとした個体とよく似ています(こちらこちらに検索の詳細を載せました)。今回は採集していないので、何とも言えないのですが、以前見たヒメコオロギバチと同じではないかと思っています。





次はこのハチ。ハナバチの仲間ですね。頭盾が白いので♂です。これも写真で検索をしてみました。用いた検索表は「日本産ハナバチ図鑑」です。





検索表の項目の全部は確かめられないのですが、若干の希望的観測も含めて、①と②が確認できれば、ヒメハナバチ科だろうということになります。次に③が分かると、一発でチビヒメハナバチ属になり、この属の日本産は1属1種なので、チビヒメハナバチに自動的に決まります。こんな風にいつも検索ができると嬉しいのですけど・・・。





最後はこのハチです。写したときはコバチかなと思ったのですが、うかつにも採集しませんでした。写真ではどうも翅脈がはっきりしないのですが、縁紋が大きく、斜めに走る黒い翅脈が見えます。また、触角柄節がえらく長いのも特徴です。どうもコバチではなさそうです。これはもう少し探してみます。後の虫は次回に回します。(追記2017/04/15:おちゃたてむしさんから、「最後のハチはオオモンクロバチ科ではないかと思います。」というコメントをいただきました。聞いたことのない科です。捕まえておけばよかったと後悔しています。コメントどうも有難うございました
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
あまりコメントもできませんが、綿密で詳細な調査・検索にはいつもただただ感嘆しております。
その真似はとてもできないので絵合わせ的な印象からだけですが、最後のハチはオオモンクロバチ科ではないかと思います。それと、3/31の最後のアリは多分アミメアリですね。

No title

コメント、どうも有難うございました。素人が見様見真似で検索をしているので間違っていることも多いと思いますが、勉強のつもりで飽きずにやっています。

オオモンクロバチ科ですか。聞いたことのない科です。捕まえておけばよかったと後悔しています。

アリも違ってましたか。アリはなかなか見ただけでは分からなくて、もう少し修行をつまないといけませんね。アミメアリは以前調べたことがあったのですが、すっかり忘れてしまっています。今度、捕まえてもう一度調べてみます。どうも有難うございました。どしどしコメントをしていただければ助かります。今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ