FC2ブログ

虫を調べる ヒシモンユスリカ?

先日からやや大型のユスリカが登場してきました。たぶん、セスジユスリカあたりかなと思うのですが、これに似たヒシモンユスリカとの区別をつけてみようと思って、♂を捕まえてきて調べてみました。



今日調べたのはこのユスリカです。セスジユスリカとヒシモンユスリカは♂交尾器に違いがあり、「図説 日本のユスリカ」にはその違いが図示されています。



これは腹部末端を背側から写したものです。違いは上底節突起の形と横から見た尾針の形です。



これは上底節突起の拡大ですが、矢印の部分が角張るのがヒシモン、ここが角張らず滑らかなののがセスジです。これは角張っているので、たぶん、ヒシモンユスリカではないかと思われます。



次は、横から見た尾針です。上から見ると細長いのですが、横から見るとこんなに幅があります。



ちょっと見にくかったので、透過照明でも撮ってみました。先端が鋭く尖っているところはセスジに似ているのでだいぶ迷ったのですが、矢印の部分が反対側の辺とほぼ平行なので、たぶん、ヒシモンでいいのではないかと思いました。セスジは矢印の部分がえぐれるようになっていました。ちょっと自信はないのですが・・・。

ということで、今回の個体はヒシモンユスリカでよいのではないかと思いました。ヒシモンの幼虫は止水域に生息するのに対し、セスジの幼虫は流水域で生息環境がはっきりと異なっています。でも、ともに普通種だそうです。



ついでに腹側から写した写真も載せておきます。大きな下底節突起がよく見えます。

ということで、今回はヒシモンの可能性が高いかなと思いました。でも、両者をはっきり区別するには、もう少し数をあたらないといけませんね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

セスジかヒシモンか分かりませんが、昔は窓に張り付いてました。
8枚の窓にビッシリと…

No title

ユスリカも1匹や2匹だと気にならないのですが、そんなにたくさんいると気持ち悪いですね。試料には困らないでしょうけど。セスジとヒシモンの違いが少し分かってきたので、ちょっと調べてみたい気もしますが・・・。

あーぁ、右目が少し見えていたのですが、昨晩からまた見えなくなってきました。ぶり返したみたいです。今日はまた病院です・・・。

No title

写真展の方に集中して、あまり無理をなさらない様にしてください。

No title

ご心配かけてどうもすみませんでした。先ほど、写真展の展示作業を終えてきました。片目だと距離感がつかめず、フックに額縁をかけるときなどに時間がかかってしまい、結構、くたびれてしまいました。でも、終わってほっとです。展示してみると意外に見にくい展示もあり、もう少し修正が必要みたいです。果たして見に来る人がいるかなぁ。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ