FC2ブログ

家の近くのむし探検 毛虫、トビムシなど

家の近くのむし探検 第216弾

3月も終わりなのに、どうしてこうも虫が少ないのだろう。特に、蛾はほとんど全滅。今年はともかく異常ですね。今日も家の近くの公園に行ってみました。



公園ではツツジの葉の上、桜やシラカシの木の幹などを探し回りました。でも、いつもの小さなハエとか、アリくらいしか見つかりません。だいぶ探してやっとこんな幼虫を見つけました。モンシロドクガかなと思ったのですが、調べてみるとキドクガの幼虫みたいです。「みんなで作る日本産蛾類図鑑」というサイトによると、食草にツツジ科も入っていました。でも、ドクガ、嫌ですね。(追記2017/03/31:通りすがりさんから、「キドクガではなく、ゴマフリドクガの幼虫ですね。何れにしても、この見た目の幼虫は絶対に触ってはいけませんが…そっくりさんも居ましたねえ、確かリンゴケンモン。」というコメントをいただきました。ぱっと見で似ているなと思ってキドクガにしたのですが、よく見ると確かに違いますね。それにしても、ゴマフリドクガとキドクガ、幼虫はよく似ていますね。どうも有難うございました



次はこの毛虫。シラカシの幹にくっついていました。小さいので若齢でしょうね。ヨツボシホソバかなと思ったのですが、模様がちょっと違うようでもあります。何でしょうね。



あまりに何もいないので、枯葉をのけてトビムシでも探してみました。虫がいないときはこれに限りますね。こんなトビムシがいました。昨年、ちょっと調べたことがあったのですが、まだ科もよく分かりません。



そうやって撮っていたら、カメラのレンズに取り付けていた「影とり」という拡散板にトビムシがとまりました。いつものマルトビムシの仲間ですね。これで気が付きました。こんな布を敷いておけば、ぴょんと飛んできて、この上に乗ってくれると撮りやすいかも。それで、「影とり」を地面に敷いて、その周りで枯葉をがさごそ動かしてみました。





案の定、こんな小さなトビムシが飛び乗りました。乗った後、居心地が悪いのか、もそもそと動き出します。写真は結構、撮りやすいです。これはいい方法かもしれませんね。今度、何かシートを持ってきてやってみよう。



ハエとアリは次回に回すことにして、残りは帰りに見つけたクモです。以前、サラグモかなと書いたら、MSWiさんからクサグモの幼体だと教えていただきました。きっとそれですね。





最後はマンションの廊下で見つけたオナシカワゲラかなと思われる個体です。写真で見ると、ずいぶん、細長い体をしていますね。採集して調べればよかったかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

キドクガではなく、ゴマフリドクガの幼虫ですね。
何れにしても、この見た目の幼虫は絶対に触ってはいけませんが…そっくりさんも居ましたねえ、確かリンゴケンモン。

長野ではビロードツリアブが出始めました。
明日は雪ですけど(笑)

No title

違ってましたか。ぱっと見で似ているなと思ってキドクガにしたのですが、よく見ると確かに違いますね。それにしても、ゴマフリドクガとキドクガ、幼虫はよく似ていますね。どうも有難うございました。

大阪も昨日が桜の開花宣言で出て、やっと春らしくなりました。でも、今日はまた寒いという予報です。虫の方はさっぱりです。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ