FC2ブログ

廊下のむし探検 蛾と甲虫

廊下のむし探検 第876弾

3月になってやっとハエ以外の虫もぽつぽつ出てきました。やっとハエから逃れられるかなぁ。3月3日分のマンションの廊下で見つけた虫たちです。



地下駐車場の壁でチャオビフユエダシャクを見つけました。フユシャクも久しぶりです。チャオビフユエダシャクは、2014年には3月9日が初見日。2015年は3月17日、2016年は2月22日でした。こんなものかもしれませんね。



これは以前教えていただいたマルハキバガ科のデコボコマルハキバガだろうと思います。どこがデコボコなのだろう。



次は甲虫です。最近、ちょこちょこナナホシテントウを見るようになりました。





そしてこれはキスイモドキ科のツノブトホタルモドキ。この日は2匹いました。



これは2月と3月に毎年見ているヘリアカヒラタケシキスイではないかと思います。体長を測ってみると4.0mm。「原色日本甲虫図鑑III」を見ると、2.5-3.1mm。ちょっと大きめです。



これはちょっと迷ってしまいました。でも、上翅に赤い斑点があるようなので、以前見たホソキヒラタケシキスイかなと思いました。でも、体長を測ってみると、5.3mm。図鑑には2.4-3.7mm。ちょっと大きすぎるかなぁ。



それからハネカクシ。ハネカクシの名前調べは今のところ諦めてしまっています。



長さ1cmほどの小さな幼虫です。シャクガ科だろうと思うのですが、名前は分かりません。ネットで見ると、トビモンオオエダシャクの幼虫と似ているような似ていないような。

とりあえず、蛾と甲虫だけ出しました。後の虫は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ