FC2ブログ

虫を調べる キモグリバエの翅脈

先日、小さいハエを3匹を捕まえ、昨夕、そのうち1匹を調べてみました。



捕まえたときにはてっきりショウジョウバエ科かなと思ったのですが、「新訂 原色昆虫大図鑑III」の検索表で調べてみると、キモグリバエ科であることが分かりました。それで、例によって検索に使う各部の顕微鏡写真を撮っていたのですが、どうも見覚えがあるような気がしてきました。それで、過去のブログを調べてみたら、ありましたありました。たぶん、同種と思われるハエを調べていました。ヤマギシモリノキモグリバエと思われる種です。

ということは、今回、撮った写真は全部無駄になる・・・。折角撮ったのに・・・。と思って、少し切り口を変えて書いてみることにしました。



まずは横から見た写真です。全体が黒っぽいのでぱっとしませんが、体長を測ってみると1.9mmになりました。前回の個体は2.6mmだったので、今回の個体の方がだいぶ小さいです。でも、脚の跗節だけが黄色いところなどはよく似ています。



これは翅の翅脈を写したものです。検索表に載っている項目のうち翅脈に関連する主な項目を抜き出すと上に書き込んだ①から④になります。このうち①の中室+第2基室の後縁脈に微小な湾曲が見られるというのはキモグリバエ科の特徴です。この写真でも翅脈が黒矢印のところでちょっと曲がっていることが分かります。そのほか、前縁脈にsc切目だけが見られるという②、中室と第2基室が合一するという③の後半はこの写真でもよく分かります。これに対して、③のCuA脈とcua室を欠くというところと、④のSc脈についてはこの写真ではほとんど分かりません。特に、③のCuA脈とcua室辺りは何が何だか分かりません。それで、今回はこの翅脈についてもう少し調べてみることにしました。



これは家の周りにたくさんいる、名前の分からないキモグリバエの翅脈です。①の微小な湾曲というのはこの程度です。②のsc切目も見えます。④のSc脈については薄い脈が確かに見えています。これは本来sc切目まで伸びるのですが、sc切目付近には脈が見られないので、Sc脈の先端は不明瞭ということになります。問題の③付近はやはりどうなっているのか分かりません。それで、この辺りの構造がはっきりしている別の科のハエを見てみました。



これはイエバエ科Pygophora属の翅脈です。sc切目がありますが、それに向かってSc脈が伸びていることが分かります。それに先ほどbm+dmと書いた翅室の間に区切りがあることが分かります。さらに、③のCuA脈付近の構造がはっきりしています。そこで、その部分を拡大してみます。



ついでに翅脈ごとに色を付けてみました。R脈系統が橙色、M脈系統が緑色、Cu脈系統が青です。M脈は本来中室(dm)と第2基室とを分ける脈で2分され、一方はM1+2脈、もう一方はM3+4脈となります。Cu脈は基部で二つに分かれて前側がCuA脈、後ろ側がCuP脈になります。CuA脈は途中で曲がり、CuP脈と合流して、CuA+CuP脈(Cu融合脈)になります。このとき、CuA脈で上半分を囲まれた部分がcua室です。CuA脈とM3+4脈の間はm-cu横脈と解釈します。したがって、中室と第2基室の脈が消失して、二つの翅室が合一している場合も、本来的には後縁脈の前半はCuA脈、後半はM3+4脈、その間にはm-cu横脈があると解釈すべきだと考えられます。

こういう解釈で今回のキモグリバエ科の翅の基部を見てみると次のようになります。



これは翅の基部を透過光で撮ったものです。Sc脈は透明な脈として辛うじて見えています。しかし、sc切目付近にはまったく形跡が見られません。したがって、Sc脈の先端は不明瞭ということになります。CuA脈付近はちょっと分かりにくいので、次の反射光で撮った写真で見てみます。



翅の基部から脈が少し出ています(CuPと書いた部分)。これは先ほどのイエバエ科との類推からCuP脈とするのが良いみたいです。これに対して、中室+第2基室の後縁脈の前半にあるはずのCuA脈が後ろ側に曲がって出ている兆候は全く見られません。したがって、CuA脈も、それで囲まれたcua室もないことになります。これが検索表の内容ではないかと思われます。一方、Sc脈の先端を見ると、sc切目に向かって脈(赤矢印)が伸びているような気がします。しかし、これは透過光で撮ったものにはなかったので、たぶん、翅の折れ目に相当する部分だと思われます。事実、翅の折れ目はsc切目から始まり、その下に伸びて、先ほどの微小な湾曲部分を通り、さらに下に伸びて少し基部側に曲がって、また、すぐに下に向かっています。この微小な湾曲部分の下の部分(黄矢印)に見える線もやはり翅脈ではなく、折り目であることは透過光の写真と比べることで分かります。



これは照明の方向を変えて、やはり反射光で撮った写真です。微小な湾曲部分の下部分の翅が膨らんでいるように見えます。また、湾曲部分ではちょっと変な構造をしているみたいです。ということで、翅脈を見るとき、透過光と反射光の両方で撮ると、折り目と翅脈の区別がつくかもしれないことと、キモグリバエ科の中室+第2基室後縁脈の微小な湾曲部は翅の折れ目と関連した構造らしいことが分かりました。





ついでに撮影した写真も載せておきます。このハエはともかく、単眼三角板が大きく、かつ、つやつやした金属光沢をもっていることが特徴です。



これは胸部の側面からの写真ですが、検索表に載っていた前胸側板前縁に上下に走る鋭い隆起線が見られます。この辺は前回も見ました。

何とか、今回撮った顕微鏡写真も無駄にはなりませんでした。ついでにMNDに載っている属の検索もしてみようと思ったのですが、どうも合わないところがあって今回はパスしておきます。

追記2017/02/21:中室+第2基室の後縁脈の微小な湾曲部分を20倍の対物で写してみました。



白い矢印の部分がそうなのですが、特に異常は見られません。クロスニコルで偏光測定もしてみたのですが、それも異常なし。今のところは微小な湾曲の意味がよく分かりません

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ