FC2ブログ

虫を調べる ハナバエ科

先日、マンションの廊下で小さなハエを見つけました。「新訂 原色昆虫大図鑑III」に載っている検索表を使って調べてみるとハナバエ科になりました。今回はその先の属の検索をしてみようと思って頑張ってみました。何度か検索をやり直したのですが、最終的には二つの属のどちらかというところまで達しました。まだ、途中なのですが、この辺で一度まとめてみようと思ってブログに出します。




対象としたのはこのハエです。先日も書いたのですが、もう一度、科の検索から始めてみます。



ハナバエ科に至るには上の①から⑤まで確かめればよいことになります。これを写真で確かめていきます。



まずは全体像から。体長は4.8mm。そこそこ大きなハエです。でも、ちょっと特徴がないですね。



この写真では中副基節に毛のないことと、下前側板に剛毛が2本生えていることを見ます。これで③と⑤は確かめられました。



次は翅脈です。翅脈の名称は「大図鑑」に従っています。ここではCu融合脈(CuA+CuP)が翅縁まで伸びていることを見ます。イエバエ科などは翅縁に達しないので、ここで区別することができます。



この写真からは、⑤にあるように小盾板の裏側に淡色毛(白矢印)のあることが分かります。



最後は後頭部に黒色剛毛があり、淡色毛はないことを確かめます。これで科の検索項目はすべて確認できたのでハナバエ科で合っていると思われます。ついでに、触角第2節(梗節)に縦溝のあることが有弁翅類の特徴なのですが、黒矢印で示すところに確かに縦溝が見られます。

ここまでは順調に進んだのですが、ここから先の属の検索ではだいぶ苦労しました。属の検索表は♂用、♀用とも次の論文に載っています。

M. Suwa, "ANTHOMYIIDAE OF JAPAN (DIPTERA)", Insecta matsumurana. Series entomology. New series 4, 1 (1974). (ここからダウンロードできます)

この論文には日本産のハナバエ科30属172種が載っているのですが、だいぶ古いのでそのまま使ってよいものかどうか心配になりました。そこで、「日本昆虫目録」(2014)に載っている属と比較してみました。



これが比較した表です。上の論文に引き続く7本の論文がSupplement(補足)として出ているのでそれも加えて表にしてみました(Supplement IIは手に入らなかったので抜いています)。一番左の欄がこれらの論文で取り扱っている属の一覧です(青字は後に別の属のシノニムとして扱われる属で、また、青緑色は74年の論文には載っていなかった属です)。数字の欄は各論文に載っている種数です。例えば、一番左の数字の欄は74年の論文で扱っている種数となります。これらをすべて合わせると右から3列目の欄になるのですが、全部で206種になりました。これを一番右欄の「日本昆虫目録」の種数と比較するとほぼ同じなので、検索表はそのまま使えるのではないかと判断しました。ただ、いくつかの属はシノニムとなっていて、また、74年の論文には載っていない属もいくつかあるので、それは考慮に入れておく必要があります。「日本昆虫目録」に載っている属のうち、赤字は74年の論文とその後のSupplementには載っていない属、青緑色は74年の論文には載っていなかった属です。(追記2017/02/03:表を何か所か訂正しました。synonym or misidentificationの欄は74年の論文に載っていて、その後、属名が変更になったもの、および、( )内は属の移動がなされた種の旧属名です

そこで、74年の論文に載っている検索表を用いて検索してみました。その過程を載せると次のようになります。



まず、この個体は複眼間が広く空いていること(離眼的)、また、腹部末端の形状から♀だと思いました。そこで、♀用の検索表で検索してみました。すると、産卵管の形状についての項目⑮にぶつかりました。残念ながら、この個体では直接見ることができなかったので、選ぶことができませんでした。それで、⑮については両方の可能性を残しておき、最終的には、Phorbia属、あるいは、Delia属のどちらかという結論になってしまいました。ここから先は進めないのですが、とりあえず、ここまでを写真で確認していきたいと思います。



まずは頭部を背側から写した写真です。⑥の前額幅は複眼間の最小距離で見積もってみたのですが、その結果、1/2.4となり1/3よりは広いことが分かりました。また、⑭の額内刺毛(if)については写真でも分かるように存在していて左右の刺毛が交叉しています。




次は触角ですが、触角刺毛に生えている毛はこの写真でも分かるように短いので⑩も⑯もOKです。



これは頭部を真横から撮ったものです。検索表の中には「〇〇ではない」という、特定の属を排除する項目が多く見られたので、それを「【〇〇】ではない」という記号で書いています。ここでは頭盾前縁が半月板のところで測った前額より突き出しているかどうかという項目があります。黄色の点線で示したのがそれに対応していますが、頬の下縁を基準にして横線を引き、頭盾前縁でその横線に垂直に上方へ線を引くと、触角基部はその線より前に出てしまいます。半月板は触角のすぐ根元にあるので、半月板で測った前額の方が前に出ていることが分かります。そこで、突き出してはいないという方が選びます。また、触角第3節は長さが幅の2.1倍になっているので、これも十分に長いという方を選びます。これですべての項目をクリアしました。



次は口器についてです。haustellumとmentumの訳がそれぞれ吻管と下唇基節でよいのかどうか不安なのですが、たぶん、矢印で示した部分が吻管にあたるのではないかと思っています。この写真からはかなり太くて短いようです。したがって、⑫も㉑もOKだと判断しました。



この写真では単眼の後ろの後頭部に毛が生えていないことを見ます。



⑦、⑧、⑨はいずれも毛のないことを確かめるだけです。⑦の脚の基節の毛についてはちょっと迷いました。初め、この写真の中脚、後脚の基節には腹面に剛毛が生えているのでそれかなと思ったのですが、ここでは小刺毛と書いてあるので、もっと細かい毛を考えているのだなと思いました。最後の⑪の基覆弁は端覆弁に隠れているので、突出はしていないと判断しました。



これは中胸背板の剛毛の分布です。肩後刺毛はphで表したものだと思いますが、1本だけのようです。でも、後の項目が違うので、やはり、㉒はOKということになります。



後脛節には脛節の高さに比較できるような末端pvは生えていません。



中脛節にも腹側には剛毛は生えていません。これで、産卵管の項目⑮を除いてすべてを確かめたことになります。産卵管は腹部の中に入り込んでいるみたいで、外からは見えませんでした。それで、今回はPhorbia属、あるいは、Delia属のどちらかというあいまいな結論になってしまいました。まだ、乾燥していないときに腹部末端を引き出せばよかったのかなと思っています。

今回、初めてハナバエ科の属の検索を試みてみました。どの虫も初めて検索する時は各項目の意味するものが分からず苦労するのですが、今回もだいぶ苦労しました。最後、属まで行かなかったので、MND(Manual of Nearctic Diptera Vol. 2)の検索表も試してみたのですが、やはり産卵管のところで引っかかってしまい、属までは達しませんでした。また、今度採集したらこの先までやってみたいなと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ