FC2ブログ

廊下のむし探検 雑談

これまで実体顕微鏡には古くなったNIKON D90を取り付けて撮影していたのですが、機械シャッターの振動で虫の触角などが少し動くので、深度合成写真がどうもうまくいかないことがありました。それで思い切ってミラーレス一眼のNIKON 1 V2を中古で買って取り付けてみました。これの電子シャッターだと振動することがないので・・・。ただし、顕微鏡にはニコンFマウントが取りつくようになっているので、NIKON 1だとマウントを変えないといけません。そのための製品は売っているのですが、純正品は高いので、K&F Concept® マウントアダプター Nikon-Nikon 1 という安価な変換アダプターを買って取り付けてみました。



こんな感じです。でも、これが失敗でした。実際に撮ろうとすると、カメラの液晶画面がついたり消えたり点滅するのです。やはりカメラが中古なので壊れているのかなと思ったのですが、少し原因を調べてから修理に出そうと思って、いろいろとやってみました。すると、どうやら明るさに関係しているみたいです。視野が十分に明るいときは点滅しないのですが、暗くなると途端に点滅を始めます。変換マウントアダプターが純正でないからかなと思って、これを外してみても、やはり暗いと点滅します。ところが、デジスコ用に売りだされているNikon DSA-N1(これは純正)を取り付けると、そんなことは起きません。どうやらこの辺に原因があるのかなと思ったのですが、その辺のところを聞こうと、昨日、梅田にあるニコンプラザ大阪に行ってきました。

使い方が特殊なので、受け付けていただいた方にいろいろと説明して、そのたびに技術の方に聞きにいってもらいました。結局、別のV2を持って来られ、これでも起きるというのでどうやら故障ではなかったようです。原因はよく分からないのですが、暗い画面の場合は何らかの信号が電子接点を介してレンズ側に行くのですが、それが電子接点を持たないアダプターだと、そのフィードバックがうまくいかないせいではないかとのことでした。

ということで、これは結果的には失敗の買い物でした。今まで生物顕微鏡の撮影に使っていたNIKON 1 V1ではこんなことは起こらなかったので、V2になって付加した機能にこんな現象を起こすものがあったのでしょう。そこでやむをえず、V1の方を実体顕微鏡に使い、V2にはDSA-N1を取り付けて生物顕微鏡に使うことにしました。まぁ、とりあえずは解決したのですが、なかなか思い通りにはいかないものですね。

今日は以前、写真展を開かせていただいた福祉施設に行ってみました。今年も4月にお願いしますというので、今度は花を中心に写真展を開くことになりました。花を拡大して撮った写真もいろいろあるし、顕微鏡を使ってセンダングサの種なども撮っていたので、こんなものを展示しようかなと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ