FC2ブログ

廊下のむし探検 蛾、ハムシなど

廊下のむし探検 第863弾

1月3日にマンションの廊下で見つけた「むし」たちです。この日は公園にも行ったのですが、公園ではほとんど見つからなかった虫がマンションではそこそこ見られました。やはり、廊下はいいですねぇ。



この日は暖かったのですが、成虫越冬しないはずのミドリハガタヨトウが見られました。





これも成虫越冬しないキマエキリガです。この日はこの2匹がいました。





体長2.2mmのこのハムシ。実は、一昨年の2月と3月にも見ていました。そのときは、ノミハムシの仲間か、チビカミナリハムシの仲間か、と書いていました。今回、もう一度、「原色日本甲虫図鑑IV」を見てみたのですが、ツブノミハムシか、その仲間のような気がしてきました。甲虫は手元の図鑑に検索表が載っていないので、いつも決め手に欠きます。今年は何とかしないといけませんね。



これはクヌギカメムシの仲間。





それとスズキクサカゲロウ



前も見たと思うのですが、名前はよく分かりません。



ズグロオニグモの幼体かなぁ。クモも採集しないと分からないのですが、今年あたりはクモに対する恐怖心を克服できるかなぁ。後、ハエとハチが残っているのですが、名前調べがまだ終わっていません。次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

出現時期がずれていたり、冬が暖かいと、死滅せずに年を越すものも見られますよね。
今年はハラビロカマキリとジョロウグモが年を越してました。
ジョロウグモは毎年1月まで見られますけどね。

No title

以前、マエアカスカシノメイガは一冬中いるというお話でしたね。これと同じで、キリガの仲間もどんどん冬を越し始めるかもしれませんね。ジョロウグモも冬にいるのですか。ちょっとびっくりですね。それにしても今年は蛾が少ないなぁ。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ