FC2ブログ

虫を調べる ヌカカ科

先日、マンションの廊下で小さな虫を見つけました。



体長は1.9mm。結構小さいのですが、最近は小さい虫ばかり扱っているので、それほど小さいという感じはしませんでした。触角の途中から節の形が急に変化するので面白いなと思って採集しました。ハエの仲間であることは翅の脇から白い平均棍が見えていることから分かります。何科かは分からなかったのですが、翅脈を見ると何となくタマバエ科かなと思って検索をしてみました。用いた検索表は「新訂 原色昆虫大図鑑III」に載っているものです。何度か調べていったのですが、どうしてもタマバエ科にはなりません。結局、ヌカカ科になってしまいました。ヌカカというと、いつも見ているのは毛むくじゃらで、蚊みたいな虫なので、半信半疑で以前撮ったヌカカ科の触角の写真を見ると確かによく似ています。また、MND(Manual of Nearctic Diptera Vol. 1 (ここからダウンロードできます))を見ると翅脈もよく似た種が載っていました。それで、間違いないだろうと思って顕微鏡写真を撮り始めました。



まずは、「大図鑑」に載っている検索表のその部分を抜き書きしたものです。ヌカカ科に進むには①から④までを確かめればよいことになります。タマバエ科かヌカカ科はこの一番上の項目〇か①かで決まります。つまり、前縁脈が翅を取り巻くか、R脈の末端をやや越えた部分で終わるかです。



これは翅脈の図ですが、前縁脈はCと書いた外側の脈です。この写真だとR4+5と書いたところくらいまでしか伸びていないようなので間違うことはなさそうです。



こちらは透過照明で撮影したものですが、これだと何となく細い脈が一周回っているように見えます。それで、いつも間違ってしまいます。でも、タマバエ科の方に進むと途中で行き詰ってしまいます。だから、たぶん、ヌカカ科側に進んでよいのでしょう。③はM脈以降も普通に翅脈が発達しているので問題なさそうです。④は翅にM1とM2という2本のM脈を持つという内容ですが、これにはちょっと注釈がいります。実は「大図鑑」とMNDでは翅脈の名称のつけ方が違っています。MND風につけると上の方の写真の( )内のようになります。こうすると、M脈は確かに2本になりこの項目はOKとなります。たぶん、同じ「大図鑑」でも執筆を分担する人で翅脈の名称のつけ方が違っていたのではと思いました。



②の単眼は撮り忘れました。この写真はちょっとピントが合っていないのですが、頭部を横から撮ったもので、これでも単眼がなさそうなことは少し分かります。③の触角は確かに長いですね。

これで、すべての項目を確認し終えたので、ヌカカ科に落ち着きました。ポイントは翅を一周する前縁脈をちゃんと見分けられるかどうかですね。



次はMNDに載っている属、亜属への検索表です。原文は英語で私の拙い語学力で訳しているので、違っているかもしれません。この検索表を使うと、最終的にAtrichopogon属Atrichopogon亜属になったのですが、その過程を見ていきたいと思います。いつもと同じように、検索の順ではなく、部位別に見ていくことにします。



はじめは頭部の写真です。この個体の触角はぼうぼうとしていないので、たぶん、♀の方です。口吻はほぼ真っ直ぐです。それから複眼は無毛です。これで各項目は確かめられました。それにしても、こんな口吻を突っ込まれたら痛いでしょうね。といっても、MNDによると、Atrichopogon属は哺乳類の吸血はせず、トンボや蛾などの大型昆虫の体液を吸うようです。



触角の鞭節は全部で13節でした。



翅脈についてはr-m脈(2枚目の写真参照)を持つことくらいなのですが、翅にある毛についての項目が多くありました。はっきりとは分からないのですが、マクロトリキアというのは大きめの毛、ミクロトリキアは小さな黒い点のように見える毛のことではないかと思いました。また、後縁には長い毛と短い毛が交互に一列に並んでいました(赤矢印)。



次はr1室とr2+3室の大きさ比較です。検索項目ではr2+3室がr1室の長さの2倍となっていましたが、この個体では3-4倍ほどはありそうです。ここがちょっと気になりました。でも、いろいろと種によって変化があるのかなと思ってそのままにしています。



次は肢の爪が曲がっていること、爪と爪の間に爪間体という毛みたいなものが発達している点です。この毛がおそらく、壁やガラスなどに止まるときに吸着するもとになるものでしょう。



最後はこれも撮り忘れたのですが、腹部腹板に突起があるかないかで、そんなものは見当たらないのでOKとしました。これはMNDに図が載っているので、それと比較することで分かります。

ということで、ヌカカ科Atrichopogon属Atrichopogon亜属にはなったのですが、日本産に限ってもこの属には山ほどの種(「日本産昆虫目録第8巻」によると、Atrichopogon属は29種、また、亜属区分はされていませんでした)が載っています。だから、ここから先の種まではまだ先が長そうです。でも、ヌカカにもいろいろといるのだというのが分かったのがプラスだったかな。

追記2016/12/28:「こちらのヌカカは、Atrichopogon femoralis Tokunaga モモグロヒラタヌカカと思われます。「はなあぶ」No.36に記載しています。」というコメントをいただきました。送っていただいた「ハナアブ」の記事に出ている図を見ると確かによく似ています。それでも、やはり手書きの図には写真では分からないような詳しい部分が描かれているのに感心しました。もう少し写真を頑張らなければ。コメントどうも有難うございました
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ