FC2ブログ

家の近くのむし探検 ケムシやカメムシ

家の近くのむし探検 第201弾

11月30日に家の近くの公園で見つけた「むし」たちです。マンションの廊下は虫が多いのですが、晴れた日には運動を兼ねて近くの公園にも行っています。





といっても、イダテンチャタテを除くと虫はほとんど見つからないのですが・・・。そう思って歩いていたら、ツツジの葉にこんな派手な毛虫がいました。ちょっとドクガの幼虫みたいですが、「原色日本蛾類幼虫図鑑」で調べてみたら、ヤガ科のキバラケンモンの幼虫みたいです。図鑑にはイバラ科、ツバキ科、ツツジ科が食草と書かれているので、ツツジにいてもおかしくないですね。



顔がよく分からなかったので覗いてみると、ツツジの葉を懸命に食べていました。図鑑によると、11月に営繭、3月に羽化だそうです。



虫がいないいないと嘆いていたら、「公園の主」さんが木の根元の皮をめくってくれました。そこにはカメムシやらダンゴムシやらがごそごそいました。



これもフタモンホシカメムシとクロホシカメムシという似た種がいます。ひっくり返すと分かるのでしたね。



と思ったら、たまたま横を向いた個体がいました。脚の基節が白いとフタモン、黒いとクロホシでした。以前写した写真と比べてみると、ピンク色の筋に見えているところがそのようです。たぶん、フタモンホシカメムシですね。



後はワラジムシみたいな虫くらいでした。



桜の木にこんなキノコがいっぱいついていました。



ひだを拡大するとこんな感じです。「日本のきのこ」をだいぶ見たのですが、結局、分かりませんでした。



最後はマンションの廊下の壁にいたハチですが、名前までは分かりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

フタモンホシ、ウズラの卵みたいでユニークですね。
キバラケンモンも幼虫の顔が毛むくじゃらで面白いです。

No title

タイコウッチ君、お早うございます。
フタモン、面白い形でしょう。カメムシの仲間には色の綺麗なもの、形の変わっているものなど、いろいろいてなかなか面白いですよ。
キバラケンモン幼虫は派手なので、初め、ドクガの仲間かなと思って警戒してしまいました。虫がすっかりいなくなった今頃、ひとり、むしゃむしゃと葉っぱを食べていました。
虫が減ってくると何だか寂しいけれど、まだ探すといろいろな場所で寒さをしのいでいるかもしれませんね。それでは。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ