FC2ブログ

家の近くのむし探検 虫がいないのでキノコ探し

家の近くのむし探検 第197弾

3日前の16日に近くの公園に行ったときの記録です。公園でだいぶ探したのですが、目が悪くなったせいか、本当に虫がいないのか、まったく虫が見つかりません。



わずかにこのヒメクダマキモドキ1匹がいただけ。そこで、「公園の主」さんが別の公園に紅葉を見に行かれるというのでついていくことにしました。



ブログのネタ探しでキョロキョロしていたら、ナンキンハゼの実を見つけました。



これはたぶん、トウネズミモチ。トウネズミモチはモチノキ科ではなくてモクセイ科なので、葉の脈が透けて見えています。





別の公園で見た紅葉です。やはり綺麗ですね。



この薄い色はモミジバフウ。ここからは林の中を歩いて、キノコ探しをしました。



キノコはまったく分からないので、こういうのを見ると、サルノコシカケとしか言えないのですが、「日本のきのこ」を見てみると似たようなキノコはたくさんありますね。その中でも、マンネンタケ科のコフキサルノコシカケあたりが似ている感じですが、タコウキン科にも似たキノコが載っています。これからどうやって調べていったらよいのやら。



一応、ちょっと拡大して写しておきました。



そして、これは裏側から。なんだかよく分かりませんね。もう少しちゃんと写せばよかった・・・。



もう一つ写したのが、このキノコです。



大きさはこんなもの。



ちょっと拡大してみました。この間見つけたフウセンタケ属のキノコと同じように、柄には黒いクモの巣膜の跡が残っていました。傘の周辺にも網目のようなものが見えています。ひょっとするとフウセンタケ属のキノコかもしれませんね。これもここからどう調べていったらよいのやら。



これは襞の部分の拡大です。植物というよりは機械で作ったような構造ですね。

この間からキノコも調べ始めたのですが、図鑑と絵合わせをしようにも似た種が多いし、ポイントとなる特徴がはっきりとは書かれていないし、どう攻めていってよいのやらさっぱり分かりません。もっとも虫の名前調べを始めたときもそうでしたけど・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ