FC2ブログ

廊下のむし探検 エンマコガネほか

廊下のむし探検 第837弾

アリを調べていたら、11月13日にマンションを歩いた時に見た虫がまだ少し残っていることを忘れてしまっていました。





エンマコガネの仲間です。この仲間はみな似ていてぱっと見はよく分からないのですが、最近は、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」や「日本産コガネムシ上科図説」を見て少しは調べられるようになりました。といっても、まだ絵合わせ状態なのですが・・・。採集しなかったので、詳しくは分からないのですが、前胸背板の側縁の形状などからカドマルエンマコガネではないかと思ったのですが、どうでしょう。「標準図鑑」には検索表も出ていますが、なかなか難しくって・・・。今度ゆっくり見てみます。



これはウリハムシ



体長3.8mmのこの小さなテントウはたぶん、ヒメアカホシテントウ





ヒメツチハンミョウは相変わらずいたのですが、この日は♀(写真下)が初登場でした。♀はヒメかどうかはよく分からないのですが・・・。



これは触角第1節に縦筋がないので、ホソハリカメムシ。





それにヒメクダマキモドキ



カゲロウ♀の亜成虫です。尾が3本あります。尾が3本なのはトビイロ、モン、シロイロ、ヒメシロ、カワ、マダラ、ガガンボの各科が該当します。マダラかなと思ったのですが、なんとなく止まり方が違うようだし・・・。よく分かりません。



最後はコモリグモの仲間です。これも似た種が多いので、よくは分かりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

エンマコガネはなかなか格好良くて大好きです。
前胸の角みたいなところが、角竜のえりかざりみたいですよね。
ホソハリカメムシもツノカメムシのとがっているところが針みたいですね。

No title

タイコウッチ君、こんばんは
エンマコガネの仲間は格好いいのですが、なかなか違いが分からず、いつも苦労します。一度、捕まえてしっかり調べてみたいなと思っています。ホソハリカメムシはいつも触角ばかり見てしまいます(笑)。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ