FC2ブログ

家の近くのむし探検 カマキリ、ノミバエなど

家の近くのむし探検 第191弾

昨日の続きで11月4日の公園での虫探しの結果です。



こんなカマキリがいました。オオカマキリかチョウセンカマキリかというところなのですが、カマキリが怖くて持つことでできません。それで、前脚付け根の色や後翅で見るというわけにいかないので、ネットで探して、胸と腹の長さの比や顔の模様などを手がかりに名前調べをしていきます。まず、この間分かったことなのですが、腹部末端を見ると雄か雌かが分かるというので、それを写してみました。



余分な突起があるのが気になるのですが、腹部末端がこういう形のものはたぶん、雌でしょうね。



次は顔です。両者の顔の違いを詳しく調べているサイトがあるのですが、引用してよいのかどうか分からないので、結果だけ使わせていただくと、どうやらオオカマキリの模様に近いような感じです。



最後に前胸背板の長さ/前翅長で比を取ってみました。0.52になるので、これも同じサイトのデータからオオカマキリが近いようです。ただ、「大図鑑」によると、オオカマキリは前胸背後部が前基節に較べて著しく長いと書かれています。前胸背後部は前胸背板の後ろ側、前基節は前脚の基節でこの写真でも少し見えています。これから判断すると、著しく長いとはいえない気がするのですが、どうでしょう。怖くても一度捕まえないとどうしようもないですね。





こんな虫もいました。これはノミバエの仲間です。大きさは測らなかったのですが、ノミバエにしては大きな方です。後ろにいるのが雄だと思うのですが、下の写真ではその後脛節に刺毛列が見えています。たぶん、Megaselia属だと思うのですが、それ以上は分かりません。



これはハバチの幼虫?



ネコハグモ



これはヤマモモにいたイダテンチャタテです。桜の木以外も探してみると、個体数は多くないのですが、ネムノキ、シラカシにも見られました。結局、どの木にもいるのかもしれません。



革質部の先端が小楯板の先端とほぼ同じくらいなので、これはマルシラホシカメムシかな。



最後はセグロアシナガバチ。触角が13節。先端が細くなり、クルッと曲がっているのは♂。誰かみたいに撫でる勇気はとても出ませんけど・・・。

私事で恐縮なのですが、昨日、突然片方の眼が見えなくなってしまいました。すぐに救急外来に行ったのですが、どうも思わしくないようです。今日は別の病院に行ってみますが、もう治らないかもしれません。今は片目でこの記事を打っていますが、疲れやすいので今までのような頻度で更新はできそうにもありません。また、写真がこれまでのように写せるかどうかも心配です。毎日、私の拙い文章を読んでいただいた皆さまには誠に申し訳ないのですが、そのような事情なので、ご理解ください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

セグロアシナガバチ格好いいですね。
ネコハグモも背中の模様が面白いです。
片目大丈夫ですか、無理せず頑張ってください。

No title

アシナガバチの♂♀の見分け方が分かってから、♂はそんなに怖くなくなりました。もっとも今頃のハチはどれもじっとしているので撮影は楽ですけど・・・。ネコハグモは小さなクモですが、拡大して写すと結構面白い模様が見えます。クモも面白いのですが、採集しないと正確には名前が分からないので、クモが苦手な私としてはどうも・・・。目はどうにも治りそうにありません。一夜にして視力が1.0から0.09まで落ちてしまいました。しかも、霞がかかったような感じで眼鏡をかけても見えません。気力がどんどん落ちていくので、今までと同じようにいろいろなことをやっていこうと思ったところです。コメントと励まし、どうも有難うございました。

No title

今年はコガタスズメバチくらいしかオスを見てないので、触れませんでしたねえ。
一目で分かるもの以外は、万が一を考えると怖くて手が出せません。

目ですか…正直、何と言っていいのか分かりませんが、マイペースで無理せずやってください。
怪我で1ヶ月ほど片目で過ごしたことがありますが、初めはボールペンのキャップを嵌めるのにも苦労したのを思い出しました。

No title

あれっ、そうなんですか。オスには皆なでなでしているのかと思っていたのですが・・・(笑)。真似しないでよかった・・・。

昨日は目の前に置いた手が何本か分からなくなり、視力は0.01程度。明るい時はなんとか輪郭くらいは見えるのですが、暗くなるとほとんど見えません。でも、これが自分の運命だと思って、今まで通りの生活を始めました。そうしたら、気分が少し楽になって片目生活でもなんとかやって行けそうです。虫を調べていくのは今や自分の生きがいみたいなものになっているので、何とか続けていきたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ