FC2ブログ

家の近くのむし探検 公園の虫

家の近くのむし探検 第179弾

昨日は最初、公園に行き、その後、いつもの林の入り口からその周辺まで範囲を広げて歩いてみました。虫が少なくなってきたので・・・。まずはマンションと公園で見た虫です。



マンションの倉庫の壁にこんな羽アリが2,3匹いました。今頃珍しいなと思ったのですが、羽アリは以前、検索で挫折したので今回は採集はしませんでした。



これは公園に着く直前の壁に止まっていました。シロシタコバネナミシャクかなと思います。(追記2018/06/28:シロシタトビイロナミシャクだと思われます



公園に着いて、いつものようにツツジの葉を見ていきました。最近、このルリチュウレンジをよく見ます。じっと見ていると産卵している雰囲気なのですが、近づくとすぐに違う葉に移ってしまうので産卵の瞬間はなかなか撮れません。今度、頑張ってみます。



公園の広場は今年、草刈をしてくれなくて一面草ぼうぼうです。そこにヒメクダマキモドキが止まっていました。フラッシュをたいて撮ったら、まるで真夜中のような写真になりました。





こんな小さなハエがいました。写真を撮ってから採集しようかなと思って、写真を撮っていたら、いざ採集しようと思ったときには逃げられてしまいました。採集と撮影、なかなか両立しないですね。





パッと見てミズアブかなと思ったのですが、アメリカミズアブとは触角がかなり違います。「学研生物図鑑 昆虫III」をパラパラ見ていたら、ルリミズアブに似ています。ネットで調べてみるとどうやらそのようです。やはりミズアブの仲間だったようです。



ついでに翅脈に名前を付けてみました。MNDを参考につけたのですが、「大図鑑」風にするために、A1→CuP、A2→A1に変えてみました。合っているかどうか分かりませんが・・・。ミズアブの仲間は小さいながら中室(dm)があるのが特徴です。



桜の木の幹には相変わらずイダテンチャタテの幼虫がたくさんくっついています。たまに撮ってみようと思って撮ったら、なんだか翅が長くなっているみたいです。



こちらは10月1日に撮影したものですが、やはり翅が短いですね。見ない間に脱皮したのでしょうね。



最後はオオクモヘリカメムシでした。公園以外の虫は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ