FC2ブログ

家の近くのむし探検 イダテンチャタテ幼虫ほか

家の近くのむし探検 第170弾

10月1日に公園で見つけた虫は結構多かったので、3回に分けて出してしまいました。その後、雨が多かったし、ちょうどよかったのですけど・・・。





今日の最初はこの奇妙な虫です。実はこれはイダテンチャタテというチャタテムシの仲間の幼虫です。以前、12月とか1月の真冬に散歩で家の近くの公園に行ったことがあるのですが、その時、何かいないかなと探していたら、桜の木の幹にこの虫の成虫がいました。



その時の写真を載せておきます。これは2014年1月11日に撮った写真ですが、初めて見たときは宇宙から来た生き物ではないかと思いました。なんと、眼が四つもある?でも、調べてみたら、イダテンチャタテという比較的最近記載された種であることが分かりました。眼は両端の二つで、中央の二つは模様。その後、この夏に同じ木で再び成虫を見つけ、今は小さな幼虫を見たことになります。



幹にスケールのついたテープを貼って、大きさを測ったみました。この個体の体長は1.7mmでした。



この時、ふと見ると、周りにいっぱいいるのに気が付きました。写真に撮って矢印で示していますが、この画面だけでも9匹もいます。大きさは結構まちまちです。これが冬に成虫になるのでしょうね。とすると、年2化だな。



この木の幹の下を見たら、こんなヒシバッタがいました。後で気が付いたのですが、その横にはガガンボみたいなのが写っていました。これはヒメガガンボかな。よく分かりません。こういう地面近くを見ていると、今年の早春に、改修工事でマンションの廊下を追い出され、公園にやって来てみたものの何もいないので、枯れ葉の下でトビムシ探しをしたことを思い出しました。この冬もそれをやるかなぁ。トビムシの検索は途中だったし・・・。



バッタといえば、公園に行く途中の歩道の柵の上でこんなヒメクダマキモドキを見ました。ちょっと立派に見えるでしょう。昨年は11月終わりごろに、これが道のあちこちで死んでいるのを見ました。今年はどうだろう。



バッタついでに。これは公園の広場の草むらにいたマダラスズです。草むらの中にはそれこそ山のようにいます。



シリアゲムシもいました。これは♀なのでよくは分かりませんが、たぶん、ヤマトシリアゲ



これはマンションの廊下にいたヨモギハムシ



小さかったネコハエトリがだいぶ大きくなってきました。クモは怖いのですが、ハエトリくらいだと愛嬌もあり、大きさもちょうどよいのでクモの中では好きな方です。



こちらはイトカメムシを捕まえたハエトリです。腹部の模様がはっきりしないのですが、脚の模様が先ほどと似ているので、これもネコハエトリではないかと思っています。





最近、雨が多いので、カタツムリも元気です。これはクチベニマイマイ



最後は植物です。最近はイネ科ばかりになってきたので、今日はヒメクグ。カヤツリグサ科です。もう目ぼしい花は何もなくなってしまいました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ