FC2ブログ

家の近くのむし探検 残りの蛾

家の近くのむし探検 第161弾

カメラのISOの設定が変わってしまっているのに気が付かなかったので、ISOがめちゃめちゃ高くなってしまってどの写真もざらざら。早く片づけてしまいたいので、蛾も出しておきます。



これは公園にいく途中で見ました。キシタバの仲間です。マンションの廊下ではよく見たのですが、公園ではまったく見ませんでした。たぶん、マメキシタバだと思うのですけど・・・。



公園に着くとこんな蛾がいました。これもうんざりの蛾です。というのは似た種が山盛りいるからです。斜めに走っている筋がはっきりして細いので、コベニスジヒメシャクあたりかなと思いますが、よくは分かりません。



これは桜の木の幹を見ていたときにひょっと飛んできて止まった小さな蛾です。こうやって拡大すると写真が鮮明でないのがよく分かります。たぶん、名前は分からないだろうなという先入観で「標準図鑑」を見ていったので、やはり分かりませんでした。チビキバガあたりの種だと思いますけど・・・。



ヒメウラナミジャノメもいたのでついでに撮っておきました。よく見ると、波のような線が微妙で意外に綺麗ですね。



こんな色ですが、たぶん、いつものウスオエダシャク



これは綺麗な蛾ですね。ニジオビベニアツバです。色からすると南方系なのですが、私の住むところではよく見る蛾です。



ツツジの植え込みで蛾を探すとだいたいはこんな感じで一部しか見えません。これはたぶん、コガタツマキリヨトウ



後はマンションの廊下で見たものです。ナミテンアツバ



最後はコブガ。「標準図鑑」をずっと見ていってソトジロコブガがあたりかなと思いました。図鑑の写真が小さくていまいち比較が困難です。これだけ簡単に虫を拡大して写せる時代なので、小さい虫は小さく載せるという発想を図鑑もそろそろ卒業した方がよいと思いますが・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ