FC2ブログ

ユスリカを調べる

今日は折角の休みだったのですが、天気が悪くて外に出かけられないので、一日ユスリカの検索に費やしてしまいました。でも、苦しかった。まさに修行でした。



調べたのはこのユスリカです。触角がふさふさなので♂であることが分かります。この個体を調べたのは♂だったから、ただそれだけです。体長は5.4mm。小さいですが、ユスリカとしてはまぁまぁの大きさです。この写真は17日に公園で写したものですが、ユスリカの検索で忙しくて、まだ、この日写した虫の名前調べはしていません。

亜科と属の検索表は「日本産水生昆虫」に載っていて、種の検索表は「図説日本のユスリカ」に載っています。種までいくと全部で20数項目も調べていかなくてはなりません。何度も何度も失敗をしながら、最終的にはユスリカ亜科ユスリカ属のフチグロユスリカにたどり着きました。その過程は次回に回すことにして、今回は各部の名称を書き込んでいくことにしました。



これは全体像です。前脚が特に長くなっています。また、跗節が腿節や脛節よりかなり長いことが分かります。特に、跗節第1節が脛節より長いことが、エリユスリカ亜科とユスリカ亜科を見分けるポイントになっています。腹部は全部で9節になっていますが、9節目は変形していて、やはり検索では重要なポイントになります。外見的には第2から第4節に菱形の黒紋があり、第6~9節は暗色になっています。また、胸部背板の中央は明るい色で両側が黒っぽくなっています。



次は翅脈です。翅脈の名称は「日本産水生昆虫」と「図説日本のユスリカ」の両方に同じものが載っていました。R脈とM脈を結ぶr-m横脈はあるのですが、M脈とCu脈を結ぶm-cu横脈がありません。これもモンユスリカ亜科、ケブカユスリカ亜科、ヤマユスリカ亜科とその他の亜科を区別する重要なポイントです。翅脈の名称の付け方で、一つの脈からM脈(M3+4)とCu脈(CuA)という異なった脈に分かれているのが奇妙です。実際、MND(Manual of Nearctic Diptera)では、M3+4→Cu1、CuA→Cu2となって同一系統の脈になっています。この名称には三枝氏の考え方が反映されているのだと思います。つまり、M1+2とM3+4は本来は脈で結ばれているのが、ユスリカ科では退化したと考えているようです。これについては以前、ユスリカの翅脈の追記として書きましたので、そちらを見てください。また、上記の本ではCuAがCu1となっているのですが、私はCuAとした方が後のCuPとの対応からよいのではと思って勝手に変えています。

ただ、上の写真を見ると、矢印で示した翅脈以外にも翅にはいくつも筋が入っています(例えば、翅の一番左下にも)。これらが翅脈なのかどうなのかがよく分からいないのと、R2+3脈の辺りがよく見えないので、生物顕微鏡を用いて透過光でも撮ってみました。



これは翅の中央部分を見たものですが、翅脈と翅の折り目・皺との違いがよく分かります(分かりにくいものもありますが・・・)。翅の折り目や皺には*という記号を入れています。翅が汚くなっている部分は、たぶん、ピンセットで挟んだせいかな。



これは翅端あたりですが、R2+3脈がはっきり見えます。



これは翅の基部あたりを見たものです。CuA脈は基部に近づくと不明瞭になっていき、CuP脈と合流しているように見えます。また、M脈も基部は急速に曲がってCu脈と合流しているように見えます。これに対してR脈の基部は弧脈という曲がった突起と結びついています。また、An脈はCuP脈と少し離れて基部に到達しています(次の写真の方が分かりやすい)。先ほど翅脈のように見えた左下の筋は臀片を折り曲げるための折り目だったのですね。透過照明ではさらに基部の方が見えにくいので、今度は斜め上から照明をしてみました。



こういう照明だと、翅脈が凸になっているか凹になっているかがよく分かりますね。また、変わった形をした弧脈もよく見えます。



次は腹部末端です。ここには複雑な構造があります。一番外側は把握器です。その基部を底節といいます。このユスリカでは把握器と底節は一体化していますが、可動になっている種もあるようです。また、腹部背板第9節が変形した尾針があります。



これは腹側から写したものです。底節には突起があります。上の写真で示した上底節突起と下の写真で見える下底節突起です。この形が重要なポイントになります。

という具合に必要な部分に名称をつけてみました。これを使って検索をするのですが、それは次回に回します。検索が合っているといいのですけどねぇ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ