FC2ブログ

廊下のむし探検 ウシアブ、甲虫ほか

廊下のむし探検 第89弾

梅雨の間は蛾が多いということがしみじみと分かりました。その代わり、甲虫は俄然少なくなりました。今日は、まず、蛾以外の虫を紹介します。

家を出たすぐのところの廊下に大型のアブがいました。



おそらくウシアブですね。廊下はちょっと暗いので、ストロボを続けて光らせたら・・・。(追記2018/03/05:検索表が♀用しかないので、♂の場合はTabanus sp.としておきます



びっくり仰天したのか、まるで二本脚で立ったような姿が写りました。



遠くからみると、翅の生えた、何か奇妙な虫が歩いていると思って撮影したら、小さなアリが自分より大きな甲虫を捕まえたところでした。



本当は横向きに止まっていたのですが、あまりにひげが長いので、写真を縦向きにしました。ヒメヒゲナガカミキリだと思います。



名前は分からないのですが、コメツキの写真も入れておきます。



この甲虫は、頭の先がちょっと特徴的なので分かるかなと思ったのですが、名前はやはり分かりませんでした。



翅にギザギザの模様があるので、チャバネヒメカゲロウかなと思っているのですが、自信はありません。



このトビケラも翅に網目模様があるので、もう少し調べると名前が分かったかもしれません。ナガレトビケラの仲間かなと思っています。



これはアシナガグモの仲間ですね。腹の部分を拡大して見ると、ずいぶん凝った模様が付いています。



最後にテングチョウです。ひとしきり、マンションの外壁や廊下で、テングチョウが飛び回っていたのですが、最近、少し少なくなってきました。ガラスに止まった所です。ガラスに姿が写ってちょっと面白い写真になりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ