FC2ブログ

家の近くのむし探検 蛾ほか

家の近くのむし探検 第137弾

一昨日の公園での虫探しの結果です。最近は本当に虫がいませんね。むしろ、真夏の暑いさなかの方がいたような気がします。といっても、この日は暑かったので、1時間ほどしかいなかったのですが・・・。



虫の中では蛾がまだいた方でした。この蛾はホソオビキマルハキバガという蛾ですが、このごろ多いですね。先日、林の入り口の道で探した時も何匹かいました。



これは綺麗な蛾ですが、トビイロシマメイガだと思います。



この蛾は見覚えがあったのですが、名前調べはかなり時間がかかりました。メイガであることは確かそうなのですが・・・。結局、「大図鑑」の方を探して見つかりました。フタオビノメイガですね。「廊下のむし探検」初登場でした。



色が完全に抜けてしまっていますが、ウスベニコヤガでしょうね。



それに、最近、よく見るアミメケンモンでした。



ルリチュウレンジ、最近、また増えてきているみたいです。ちょっと前まではやたら幼虫をたくさん見かけたのですが・・・。



小盾板の下にもう一枚見えているみたいです。だとすると、ヤドリバエ科なのですが、どうでしょうね。



桜の木には例によってムラクモハマダラミバエが何匹もいて、あっちうろうろ、こっちうろうろしています。何をしているのでしょうね。



木の幹を見ていると、上下に動き回っているのはアリです。でも、たまに、横にスススッと動く虫がいます。何だろうと思って、近くに寄ってみると、決まってチャタテムシでうす。これはウロコチャタテ



この間もそう思ったのですが、今年はなぜかツクツクボウシが木の下の方に止まっていて、近づいてもなかなか逃げないですね。この間まではアブラゼミがいっぱいいて、やはり下の方でじっとしていたのですが・・・。(追記2016/08/31:菅井 桃李さんから、「セミは季節が進むと低いところに目立つ様に思います。きっともうお疲れなんでしょう。」というコメントをいただきました



最後はクサギカメムシでした。この間、2齢幼虫の群れを見たばかりだったのですが、こちらは成虫です。カメムシは幼虫も成虫もまぜこぜになっていますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

セミは季節が進むと低いところに目立つ様に思います。
きっともうお疲れなんでしょう。

関東では台風の前から雨も多く、晴れが少ないですねえ。
昨日から最高気温も26度で、コンビニでおでんも売れてる様です(笑)

No title

季節が進むとですか。そうかもしれませんね。真夏のカンカン照りでセミが鳴いていると、暑さが増すような感じですが、今頃鳴いているミンミン、ツクツクの声を聞くと、何となくうら寂しい感じさえします。下に止まってくれるので写真は撮りやすくていいのですが・・・。

関東は寒いのですね。関西は涼しくなったといっても、まだ32度くらいはありましたよ。もっとも昨日は夏祭りでおでんを食べましたが・・・(笑)。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ