FC2ブログ

家の近くのむし探検 蛾が多い

家の近くのむし探検 第125弾

猛暑のせいなのか、公園に行っても虫は少なめ。でも、ツツジの植え込みをよく探すと、ここかしこに止まっている蛾が見つかります。たぶん、暑さをしのいでいるのですね。



シロマダラノメイガです。これも葉裏に止まっていたので、ちょっと一脚の先で追い出してみました。そうしたら、また、別の葉裏に止まりました。そこで、もう一度。そうしたら、やっと葉表に止まってくれました。模様がずいぶん複雑ですね。



こちらはマダラメイガ。これもちょっと追い出したら、近くの桜の木に、まるで、自分は小枝ですよという感じで止まっています。見た目にはほとんど分かりません。でも、フラッシュをたいて撮ったら、そこだけ白く光ってよく見えました。



でも、名前調べは大変。「標準図鑑」を見ていくと、前翅前縁部が白いので、Assara属が似ている感じです。その中でも後縁中央に白い筋が入っているのはフタシロテンホソマダラメイガなので、それかなと思いました。



次はアオシャクです。アオシャクもいつも苦労します。ハラアカ、ウスハラアカ、ホソバハラアカ、ナミスジコあたりが候補に挙がったのですが、腹部背が赤くないし、外横線の内側、内横線の外側が濃い緑色で赤みを帯びないのでナミスジコアオシャクかなと思いました。



次はヒメシャクです。ヒメシャクはもう何が何だか分かりません。たぶん、ヤスジマルバヒメシャクかなと思っています。



これはすぐに分かるアオシャクで、コヨツメアオシャクです。



これはたぶん、シバツトガ



それにクロテンハイイロコケガ。木の幹に止まっていました。



これはウスアオモンコヤガ



それにこの間も見た小さい蛾で、ゴボウハマキモドキでした。

蛾ではその他に、





こんな毛だらけの毛虫がいました。リンゴドクガの幼虫だと思います。ドクガといっても毒毛のない方ですね。



後はマンションで見た蛾です。これはセダカシャチホコ



ハガタベニコケガ




それにチャオビチビコケガでした。

以下はまた雑談です。

主に、「廊下のむし探検」と「家の近くのむし探検」で見た昆虫をまとめて、小さな手作り図鑑を作っているのですが、ほとんどの虫が終わり、いよいよ蛾が残るだけになりました(甲虫の一部も)。蛾はずっとブログには出していたのですが、リストを作る作業は今年の2月で止まっていたので、これをやらないといけません。このリスト作りが終わらないと全部で何種になったのかも分からないのですが、たぶん、900種ほどになっているのではと思っています。これだけの画像を図鑑の配列順に並べるため、科・亜科を調べ、図鑑に載っているページを調べ、撮影日時、学名を付して、さらに、必要なものにはコメントを入れていくのは大変な作業になります。でも、頑張らなくっちゃ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ