FC2ブログ

家の近くのむし探検 街灯近くの虫、草むらの虫ほか

家の近くのむし探検 第117弾

一昨日の公園での虫探しの結果の続きです。この日も暑かったので、虫はあまり見なかったのですが、公園の中の街灯の柱にこんな虫が止まっていました。



体長4.8mmの小さなヒラタカメムシです。



横から見ると、こんなに平たい虫です。一応、採集してきたので、今日、「原色日本カメムシ図鑑第3巻」に載っている検索表を用いて検索してみました。合っているかどうか分かりませんが、ヒラタカメムシ亜科のマツコヒラタカメムシになりました。図鑑によると、マツ類の立ち枯れに寄生するヒトクチタケから得られるとのことです。また、コガタヒラタカメムシと形態がよく一致するので、比較検討を要すると書かれていました。このコガタはこの本ではマツコの説明だけに出てくるので、どんなものかはよく分かりません。



ツツジの葉には小さなアシナガバエがいました。写真があまりはっきりしないのですが、翅脈のM1脈がぐにゃっと曲がっているのが見えます。たぶん、Amblypsilopus属だと思われます。吸虫管で吸い取ろうとしたのですが、管の先を近づけたらさっと逃げてしまいました。網でないとダメかなぁ。



翅の前縁が黒いハエです。葉表でせわしなく動き回っていました。イエバエなのかなと思ったのですが、採集しませんでした。





クモの巣に小さな虫がいっぱいついていたので、写してみました。皆、ターバン眼を持っています。コカゲロウの♂みたいです。近くに街灯があったので、明かりに寄ってきたのでしょうね。後翅が写っていれば名前が分かったかも・・・。



ジョロウグモ、横から撮ってみました。ツツジの葉と街灯の近くはこんなところでした。

次は木の幹です。



桜の木にカナブンが飛んできました。近づくとすぐに横に回って逃げてしまうので、こんな姿になってしまいました。



それに、いつものイダテンチャタテの幼虫です。いつもじっとしています。そのほかはアリとか、ムラクモハマダラミバエぐらいでした。

最後に雑草がいっぱい生えている広場を探してみました。草の中を歩くと、小さな白い虫が一斉に飛び出します。何だろうと思って写してみました。





いずれもヨコバイの仲間ですね。上は翅が短くて、腹部の先端が見えています。この形から、トガリヨコバイの仲間かなと思ったのですが、それから先は分かりません。



それから、クロスジヒゲナガカメムシもいました。



そのほか、エンマコオロギの幼虫。



それから最後はカメラバッグに止まったマダラスズです。草むらも案外面白いですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ