FC2ブログ

家の近くのむし探検 オオツノトンボほか

家の近くのむし探検 第91弾

6月23日の公園での虫探しの結果です。だいぶ追いついてきましたね。この後は水漏れで観察していないので、一気に追いつくことになります。



この日はこんな虫を「公園の主」の方が見つけられました。オオツノトンボです。昔はマンションの廊下でもたびたび見たのですが、この数年見たことがありませんでした。普通のトンボみたいにも見えますが、触角がまるで違います。



その部分を拡大してみました。先が太くなった独特の触角をしています。



また、クサカゲロウの幼虫がいました。背中につけているごみの種類を見ると、どんなところを歩いてきたかの分かりそうですね。頭部の模様からこの間検索したシロスジクサカゲロウかもしれませんね。



これは変わった虫がいるなと思ったら、あちこちで観察されているキマダラカメムシ3齢幼虫みたいですね。私は初めて見ました。2年前にはマンションの廊下でもほとんど見なかったキマダラカメムシが、昨年はいっぱいいたので、どうやらこの辺りでも発生しているのですね。



これはマンションの花壇にいたヒメナガカメムシ5齢幼虫です。こちらは結構数がいました。



それにツヤアオカメムシですね。



これはたぶん、アミガサハゴロモの幼虫だと思います。先日気が付いたばかりなのですが、それからは探せばあちこちにいることが分かりました。一見すると鳥の羽の一部がくっついたみたいに見えますが、それが分かると逆に探しやすいですね。



最後はヨコバイの幼虫でしょうね。名前はどう調べたらよいのかよく分かりません。先日、幼虫の検索表の載っている論文があったので、属の検索くらいできたらよいですね。でも、論文読んでも分かるかなぁ。残りは次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ