FC2ブログ

家の近くのむし探検 カメムシ目、蛾、ハエ

家の近くのむし探検 第78弾

6月11日は午前中に家の近くの公園に行き、午後からは林の入り口にあるお気に入りの場所に虫探しに行きました。撮った写真は合わせて300枚。整理が大変で今までかかってしまいました。公園の方はすでにブログに出したので、残りの林の入り口の方です。公園では主にツツジの葉の上ばかりを探しているのですが、林の入り口ではドクダミ、クズ、ササ、イノコズチ、ハナウドの葉が主な対象になります。





また、変な虫が見つかりました。綿毛が歩いているみたいです。ネットで調べてみると、アオバハゴロモの幼虫みたいです。ヨコバイといい、ハゴロモ、アオバハゴロモといい、幼虫がどうしてこうもバライティがあるのでしょうね。



カメムシ目、いろいろといますね。これはヨコバイの仲間だと思うのですが、名前が分かりません。



これは午前中も見たコガシラアワフキ



これはアワダチソウグンバイ



似た種にハラビロヘリカメムシとホシハラビロヘリカメムシがいるのですが、「原色日本カメムシ図鑑第1巻」によると、触角第2,3節が扁平ならばハラビロ、円筒形ならばホシハラビロヘリカメムシだそうです。これは円筒形みたいなので、ホシハラビロヘリカメムシのようです。



これはクサギカメムシの幼虫ですね。



次は蛾です。葉裏に止まっていたのでこんな写真になったのですが、カノコガです。



アオシャクです。たぶん、ヒメウスアオシャクではないかと思います。



さて、問題はこの蛾です。葉の上をくるくる回ってちっとも止まりません。やっと止まったところを撮ったのですが、すぐに逃げてしまいました。この模様を手掛かりに、「大図鑑」、「標準図鑑」を何度も見直したのですが、どうしても分かりません。とうとうギブアップです。



次はベニシジミです。



最後はハエ目です。これはミスジガガンボでしたね。



ベッコウガガンボ♀。



アシナガバエの仲間です。綺麗なので、いるとすぐに写してしまいます。



最後は例のガガンボのNephrotoma属です。中央背板に黒い斑紋がないタイプですね。この日ではなかったのですが、後日、採集したので今度検索してみます。

ほかにもいたのですが、次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ