FC2ブログ

家の近くのむし探検 蛾とカメムシ

家の近くのむし探検 第70弾

一昨日、公園に行ったときに見た虫です。この日もたくさんいたので、2回に分けることにします。まず初めは蛾とカメムシです。



この日の最初はこの蛾です。小さいのですが、実に凝った模様です。この蛾を見て、何となくハマキモドキという言葉が出てきました。調べてみるとやはりハマキモドキ科で、ゴボウハマキモドキというようです。初めて見ました。前にも書いたことがあったのですが、小さな蛾には綺麗なものがたくさんいますね。ツツジの葉を探すのが楽しみになってきました。



真っ白な蛾もいました。初め、シロツトガかなと思ったのですが、シロツトガには前翅に横脈点があるみたいで、これにはないので、マエキツトガの方かなと思います。



これはシバツトガ



これは悩ましいですね。♂だとcostal foldの大きさで分かるみたいなのですが、これは♀でちょっと分かりません。カクモンハマキか、ミダレカクモンハマキのどちらかというところです。



苦手なヒメシャクがいました。これは前後翅に横脈点があるので、たぶん、ウスキクロテンヒメシャクだと思いますが・・・。(追記2016/06/20:ささきさんから、「ほんとにヒメシャクは難しいですね。…そうですね、ウスキクロテンっぽいと思います。」というコメントいただきました。合っていそうでほっとしました



模様が消えかけていますが、たぶん、キオビベニヒメシャク



それから、マダラエグリバ



これは蛾ではないのですが、ツツジの葉に止まってじっとしているので、撮ってあげました。ルリシジミですね。





この細長いカスミカメは初めて見ました。「原色日本カメムシ図鑑第2巻」を見ていくと、モチツツジカメムシというのに似ています。ツツジの葉の上なのでピッタリなのですけど・・・。(追記2016/08/14:ブログに出した写真の整理をしているときに見つけました。モチツツジカスミカメが正しいです。どうしてこんな間違いをしたのだろう



イトカメムシはたくさんいたのですが、ずっと無視していました。今もいるという記録のために、たまに撮っておかないと・・・。



それにツヤアオカメムシ



クサギカメムシの2齢幼虫。



最後はツツジグンバイでした。翅にピントを合わせると、帽状部がぼけてしまうし、本当に撮りにくい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんとにヒメシャクは難しいですね。…そうですね、ウスキクロテンっぽいと思います。

No title

合っていそうですか、よかった・・・(ホッ)。ヒメシャクは厄介ですね。その割にたくさんいて・・・。公園はマンションのように夜は明るくないので、蛾は集まらないかなと思っていたのですが、探すといろいろいますね。面白くなってきました。これからもよろしくお願いします。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ