FC2ブログ

虫を調べる キモグリバエ科

この間、家の近くで見つけたハエの検索をしてみたのですが、ちっともうまくいかなくてすっかり自信をなくしてしまいました。そのときは、結局、画像検索をして、ヤマギシモリノキモグリバエらしいということが分かったのですが、検索のどこがまずかったのか、もう一度復習のつもりでやってみました。



対象とするハエはこんなハエで、2-3mmほどしかない小さなハエです。でも、ヤマギシモリノキモグリバエという名前で画像検索してみると、実に多くの画像が出てきます。みなさん、どうやって種の同定までしているのだろうかと疑問に思いながらも、私は私なりにまずは科の検索から焦らずやっていこうと思いました。



体長は2.6mm。小さな小さなハエです。脚の腿節、脛節が黒く、先端の跗節は黄色で、そのほかはだいたい暗色です。

科の検索表はあちこち載っているのですが、「原色昆虫大図鑑III」に載っている検索表を用いてみました。順々に見ていくと、確かにキモグリバエ科になりそうなのですが、そのとき使った項目を写真で確かめていこうと思います。



検索表のうち必要な項目だけを抜き出すと上のようになります。順番に調べていくとややこしくなるので、項目を写真に書き込み、部位別に見ていきたいと思います。



まずは頭部です。上の方で青光りしている部分は後でも出てきますが、単眼瘤です。④の複眼が眼柄から出ていないというのはシュモクバエではないことを確かめる項目なので、あまり気にすることはありません。⑨の額眼縁剛毛は複眼のすぐ内側に生えている剛毛で、後傾しているみたいですが、内傾はしていません。②の触角梗節は、写真のように第3節(鞭節)よりは短いことはすぐに分かります。



これは先ほどの単眼瘤の部分を写したものですが、頭頂から前額まで覆う三角形状の巨大なものです。この部分が青光りしています。



触角鞭節を拡大してみました。触角刺毛が伸びていることが分かります。



これは胸部側面の写真ですが、前胸側板の端に細い筋のような隆起線が見えています。



最後は翅です。Sc脈が見にくくて、初めR1脈と間違ってしまいました。でも、よく見ると、かすかに見えています。その先端に、これもわずかですが、Sc切目があります。初めの検索ではこれも見逃してしまいました。⑩はだいぶ微妙です。第2基室+中室の下側の脈が矢印の部分でほんの僅かだけ湾曲しています。⑩はそれを指しているようです。また、どれがCuA脈だかよく分かりません。これが欠くという表現になっているのだなと思いました。



翅の基部を拡大してみました。Sc脈は白い筋状の線としてよく見えます。でも、先端にいくほどぼんやりとしてきて、その先端にSc切目があります。M3+4脈の下側の脈はよく分かりません。

ということで、若干、抜かした項目もあるのですが、キモグリバエ科の基本的な特徴は抑えられたと思います。したがって、このハエはキモグリバエ科だということになります。ここから先の属の検索はMNDに載っていますが、まだ試していません。また、日本産の種については上宮氏の本に載っているのですが、手元にないので、結局、ここでストップということになります。「日本昆虫目録第8巻双翅目」によると、モリノキモグリバエ属にはsp1種を含めて9種載っています。このうち本州産は7種。科から、ヤマギシモリノキモグリバエまでたどり着くのはまだまだ道が長いですね。

ついでにいくつか写真を撮ったので、載せておきます。



頭部と胸部です。単眼瘤が光っているのがよく分かります。



大きな三角形状の小盾板の先端に長い刺が1対出ています。



翅の基部を撮ったものですが、弁膜が1枚だけ見えるので、無弁翅類なのでしょう。



前脚跗節の末端2節が暗色になっています。



そして最後は腹部末端の写真です。小さな腹板が見ています。

ヤマギシモリノキモグリバエについては次の論文に説明が載っていました。

K. Kanmiya, "Chloropidae (Diptera) from the Akasaka Imperial Gardens, Tokyo", Mem. Natn. Sci. Mus., Tokyo, (39), March 25 (2005). (ここからダウンロードできます)

それによると、大きくて金属光沢のある単眼瘤、大きな小盾板とその先端から出る2本の刺、M1+2が強く湾曲した特異な翅脈、前脚跗節第4、5節が暗色であり、他が黄色である点など特徴はよく一致していました。このハエ Rhodesiella yamagishiiは一時、Cherian (2002)により、R. hirtimanaとシノニムとされました。

P. T. Cherian, "The fauna of India and the adjacent countries, Diptera Vol. IX. Chloropidae (Part 1) Siphonellopsinae and Rhodesielliae", Zoological Survey of India, Kolkata, (2002). (ここからpdfがダウンロードできます)

両者の違いは単眼瘤や跗節の色の違いだとされていますが、交尾器が同一で、色については変異の範囲内だというのがcherianの主張です。これについて、翅脈は明らかに違うので別種であるというのが上宮氏の主張みたいです。こんな小さなハエでもいろいろな論争があるのが、門外漢にとっては面白いですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ