FC2ブログ

家の近くのむし探検 甲虫、ハエ、ハチなど

家の近くのむし探検 第41弾

3日前の公園での虫探しの結果の続きです。



マンションの廊下での虫探しと公園での虫探しの違いは、公園ではこんな交尾中の個体によく出会えることです。この日は前回出したモモスズメのほかにも交尾の姿が見られました。ジョウカイボンの仲間ですね。よくこんな格好をして死んだ個体と交尾していることがあるので、ぶら下がっている方の触角をちょっと触ってみました。



そうしたら、2匹で大急ぎで移動し始めました。おかげで胸背の模様が見えました。この模様と脚腿節末端が黒いというところで図鑑を探してみたのですが、適当な種が見つかりませんでした。先日、ジョウカイボン科のリストを見てから、名前探しをほとんど諦めています。



この間から見ているヒゲナガウスバハムシです。ツツジで探すとたくさん見つかります。





キイロテントウナミテントウ



チビタマムシの仲間です。これは頭盾を見ないと分からなかったなと思って、何枚か写真を撮ってから採集しようと思ってふと見るともういなくなっていました。撮影と採集、両立はなかなか難しいです。



これもカップルです。私の目の前にこんな格好で飛んできました。



そして、すぐに態勢を立て直しました。例のマガリケムシヒキなのでしょうね。



キンバエがいたので思わず写してしまいました。こんな色をしていてもいろいろな種がいるのだろうなと思ったのですが、次の論文に載っている検索表を見てみました。

田中和夫、「屋内害虫の同定法 (3)双翅目の主な屋外害虫」、家屋害虫 24, 67 (2003). (ここからダウンロードできます)

翅の基部の特徴や脚や腹部の色で検索ができます。だから、この写真でも意外に検索できました。結果、キンバエか、コガネキンバエになりました。この両者は生殖背板を見る必要があるため、採集しないといけないみたいです。でも、結構、種に近いところまでいけますね。



セダカコガシラアブはこの日も一匹だけ。



近くにはクモの巣にかかったこんな姿も。何となく寂しさを感じますね。



羽アリが見られました。これは頭が小さいので雄アリの方かな。これまで羽アリは5月中下旬から夏にかけて見ていました。そろそろそんな季節になったのですね。



公園からマンションに戻る途中の塀に先日ダンダラテントウの幼虫が何匹かいました。その場所にこんな蛹が・・・。



近くには蛹になりかけの幼虫も・・・。



マンションの庭に有志の方が花壇を作っておられます。そこも虫探しには面白いところです。これはハナバチですが、中脈がぐにゃっと曲がっています。それで、コハナバチ科みたいです。



そして、これはルリマルノミハムシ



花によっては赤ダニがいっぱいついているのもありました。こんなダニの名前は分かるのかなぁ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

キンバエ類は交尾器に行くまでに2~3種には絞り込めますね。
おかげで何種類か居ることくらいは分かったのですが、こんなPDFがあっては、また調べてみようかと思っちゃうじゃないですか(笑)

ダニは害虫屋の雑記帳というブログによく出てた様な…
?鶚月紀、ムシをデザインしたのはダレ?などのブログでも綺麗に撮られてて魅了されますね。
ダニにではなく、その写真のクオリティーに(笑)

No title

「日本昆虫目録」を見ると、キンバエ亜科は10種程度。意外にこの検索表が役にたつかもしれません。これまではいてもあまり写さなかったのですが、これからは少し写してみるかな。

ご紹介いただいたブログ。いずれもすごいですね。ずいぶんレベルが高そう。特に写真はすごいですね。とてもここまで行けそうにないです。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ