FC2ブログ

家の近くのむし探検 コデマリに集まる虫

家の近くのむし探検 第23弾

最近、近くの公園に行くのが楽しみになってきました。探すと次から次へと虫が出てくるので・・・。一時期はトビムシとアリしかいなかったのが本当に嘘のようです。今日はコデマリの花に集まる虫を調べてみました。コデマリの横でじっと見ているだけでいいので簡単な観察なのですが、その割にはいろいろと虫がやってくるので面白かったです。



最初に気が付いたのはこのコアオハナムグリでした。



次に気が付いたのはこのツマグロキンバエです。これは何匹もいました。



そのすぐ横に小さな虫がいるのに気が付きました。花の中に潜り込んでいます。





よく見ると、あちらこちらにいっぱいいます。これはマンションの廊下でお馴染みのヒメマルカツオブシムシかな。野外ではこんな花に集まるのですね。



少し大きな虫もいました。この写真だけでは特徴がないのでたぶん分からなかったと思うのですが、公園の中を回ってからもう一度花をのぞいてみると、



♂♀がペアになっているのが見つかりました。下が♀、上が♂でしょうね。色がずいぶん違います。これを手掛かりに図鑑を探してみると、ツヤケシハナカミキリが合っていそうな・・・。



後はヒラタハナムグリ



モモブトカミキリモドキ



ハナバチの仲間ですね。この写真から翅脈をできるだけ読み取り、ヒメハナバチ科かなというところまでは行けました。実は、撮っているときはまた例のチビヒメハナバチかなと思ったのですが、よく見ると縁室先端が尖っていますね。チビヒメハナバチ以外ならば採集すればよかった・・・。



それから、コハナグモかな。



最後はこんなアリでした。クロヤマアリあたりかな。小さなコデマリなのですが、見ているとこんなに虫が集まってきました。それ以外で見た虫は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱりいろいろ出てきましたねえ。
白く小さな花の集まりは、虫がよく集まりますよね。
葉の食痕も虫の居るサインなので、幼虫や甲虫が見付かる時期です。
他にはアブラムシやキジラミ、カイガラムシの甘露にもハチやハエなどが集まります。

ツヤケシハナカミキリは鞘翅の肩の部分だけ赤くなるものも居ます。
ハナカミキリはこれから夏にかけていろいろ見られそうで楽しみですね。

No title

菅井 桃李さん、こんばんは
いやぁ、楽しみになってきましたね~。花を見ているだけでこんなに虫が集まってくるなんて・・・。ちょっと前までは落ち葉をめくったり、土をちょっと掘ったりしてトビムシを探していたのですが・・・。最近はハナバチとハバチが少し分かってきたので、見つけるのが楽しみになってきました。ハナカミキリもやってくると楽しみですね。これからもよろしくお願いします。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ