FC2ブログ

廊下のむし探検 ヤガタアリグモ?

廊下のむし探検 第76弾

この2,3日、忙しくて廊下の虫を見る暇がありませんでした。それで、家の前と10階に用事で行ったときに見た「むし」の写真を出します。



10階の廊下にアリのようであり、ちょっと奇妙な動きをする「むし」がいました。良く見ると脚が8本です。



カメラを近づけると頭を上げて、まるで威嚇するようなしぐさです。



でも、目が前側についているので、単に何が近づいてくるのか見ようとしていたのかもしれません。クモ図鑑で調べると、ハエトリグモ科のアリグモの仲間です。模様や形が何となくヤガタアリグモという種に似ていますが、アリグモの仲間はどれもよく似ているので自信はありません。「日本のクモ」によれば、ヤガタアリグモは2004年に日本新記録種として発表されたクモですが、その方が開いているホームページによれば、近畿では大阪と兵庫で見つかっているそうです。しかし、こんな10階まで歩いて登ってきたのでしょうか。



一日中、同じ格好で壁に止まっていました。図鑑で調べるとハイイロヤハズカミキリというのに似ています。



一見、綺麗なゾウムシです。床の模様から判定すると、体長9.3mmよりちょっと大きいくらいです。図鑑で調べて模様が一致するのはなかったのですが、大きさや全体の形などからオオゴボウゾウムシではないかと思っています。



この間から出ている甲虫です。もう一度、図鑑を見直したのですが、やはりナガハムシダマシというのに似ているような気がします。



それから、例によって名前の分からない(半ば、諦めている)コメツキです。



ハムシの仲間もいました。壁の高いところに止まっていたので、横からしか撮影できませんでした。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ