FC2ブログ

虫を調べる ヒラフシアリ?

冬至も過ぎ、もう冬真っ盛りと思われるのですが、マンションの廊下でこんなアリを見つけました。



体長は3.4mm。アリは見ただけではよく分からないので、とりあえず採集してきました。今日、「日本産アリ類図鑑」の検索表を用いて調べてみました。まず、これは翅が落ちた跡があるので、雌有翅アリだったみたいです。以前、雌有翅アリについて検索しても、中胸気門の位置が翅があるために違っていて行き詰ったことがありました。それでまたかなぁと思ったのですが、試しに検索してみると、意外や意外、すんなりと種まで行くことができました。カタアリ亜科ヒラフシアリ属ヒラフシアリ Technomyrmex gibbosusです。合っているかどうかは分かりませんが、とりあえず、記録として載せておきます。



まずは、検索表のうち、必要な部分だけを抜粋したものです。種まで行ったにしては全部で6項目。意外に少なかったですね。例によって、検索順ではなくて、部位別にこれらの項目を確かめていきたいと思います。



最初は全体像からです。パッと見て、腹柄節の出っ張りがずいぶん小さいこと、それに腹部がそれに覆いかぶさっている様子が分かります。まず、①の「腹柄節が1節」はOKでしょう。②の丘部が小さいというのはその通りで、どれが丘なのかよくわからない感じがします。したがって、次の「丘部の幅が狭い」というのはこの際、無視します。腹部第1節と第2節の間にはくびれがありません(②→)。また、腹部第1節の背板と腹板は融合していません(②→)。⑤の「中胸と前伸腹節の間が深くくぼむ」はやや微妙な感じです(⑤→)。深いというほどではないので・・・。また、次の「前伸腹節は隆起する」というのも同じく微妙です。でも、最後の「腹部は外側から見て5節を数える」は確かそうです。これが4節だったら、コヌカアリ属になるのですが、5節なのでヒラフシアリ属になりました。最後の⑥は「腹部第1背板から第3背板に立毛はない」というのはこの写真でも分かりますが、その通りです。また、体色もそんな感じです。



これは腹柄節付近の拡大ですが、腹柄節が管状というのも何となく分かります。また、腹部が腹柄節に覆いかぶさっているというのはまさにその通りですね。



これは腹部末端の写真です。ヤマアリ亜科は先端に丸い穴があいて、まるで火山の噴火口みたいですが、これは横長の穴が開いています。これはカタアリ亜科の特徴です。



最後は頭部の写真です。大腮がごついですね。頭盾には特に異常はないので、①はOKでしょう。

これでカタアリ亜科ヒラフシアリへの検索過程をすべて調べたことになります。途中、ちょっと微妙なところもあったのですが、合っているといいですね。いつもは働きアリの検索をしていましたが、今回は雌有翅アリの検索でした。初めてだったかどうかは忘れてしまったのですが、とりあえず、検索ができて嬉しく思いました。図鑑によると、ヒラフシアリは体長は2.5mm。樹上性で、8月から10月にかけて結婚飛行が行われるようです。今回の個体は3.4mmとちょっと大きかったのは雌有翅アリだったからかもしれません。それにしても、今頃、何をしているのでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ