FC2ブログ

虫を調べる タマヤドリコバチ

先日、マンションの廊下の手すりのところで、小さなハチが止まっていました。



何気なく写してみたのですが、雨に濡れてぼとぼとになっていました。それにしても全身が金属光沢があって大変綺麗です。一応、採集してきて、昨日、「絵解きで調べる昆虫」に載っている検索表で検索をしてみました。その結果、タマヤドリコバチ科という初めての科になりました。たぶん、合っているんじゃないかなと思うのですが、顕微鏡で写した画像を基にして確かめていきたいと思います。



まず、「絵解きで調べる昆虫」に載っているコバチ上科の科への検索表のうち、タマヤドリコバチ科への検索過程を抜き書きすると上のようになります。これを例によって部位別に確かめていきたいと思います。



まず、全体像です。体長は3.4mm。小さいのですが、この仲間にしては大きめみたいです。ここでは、前脚脛節が普通の長さであることと、前胸背板が背側から見えること、触角が肘状に折れ曲がっているところを見ます。



これは前脚跗節の写真ですが、全部で5節になっています。



翅脈は簡単です。前縁に太い脈があるだけです。前縁脈がちょっと延長している部分を後前縁脈と呼ぶようですが、これがあります。



次は頭部です。ホソハネコバチ科は触角の上の部分に左右の複眼を結ぶ溝があるのですが、この個体にはありません。また、触角は中心付近に集まっています。



これは主に脚を見せるために写した写真です。④はノミコバチ科というのを除外する項目で、この個体も後脚基節は十分に大きいのですが、ノミコバチ科はもっとずっと大きいので、それに比べると大きくはないということになります。また、⑤に書いてあるように、後脚脛節は湾曲していません。なお、脚をピンセットで引っ張っていたら、後脚跗節が取れてしまって・・・。



これは脚の基節と胸部側面を写したものです。後脚基節は前脚基節よりはるかに大きいことが分かります。また、prepectusというのは矢印で示した部分だと思うのですが、小さくて前脚基節には届いていません。



最後は腹部背面の点刻を写したものです。各節の前半はべとっとクリームがついたような模様があり、後方は網目のような鱗状の構造がついています。これを点刻と呼ぶのかどうかは分からないのですが・・・。

いずれにしても、これですべての項目を確かめることができたので、たぶん、タマヤドリコバチ科で合っているのではと思っています。

Informtaion station of Parasitoid wasps」によると、日本産タマヤドリコバチ科はOrmyrus属だけで、pomaceus、flavitibialis、ibarakiの3種の名前が挙げられていました。また、これらの載っている論文も紹介されていました。

M. D. Zerova and L. Ya, Seryogina, "Review of Palearctic Ormyridae (Hymenoptera, Chalcidoidea), with description of two new species". Vestnik zoologii, 40, 27 (2006).(ここからpdfがダウンロードできます)

この論文には上記3種を含んだ検索表も載っていたので、試しに検索をしてみました。この3種に限って検索表を書いてみると、次のようになります。



原文は英語なので、私の拙い語学力で訳しています。違っているかもしれませんので、そのつもりで読んでください。㋐と㋑は触角についてです。触角の写真を載せます。



funicular segmentというのは触角の節のうち、形の大きな部分を指しているようです。funicularというのはリーダーズ英和辞典によると、ロープの、ロープによる吊りおもり作用の、【解】索状の、【植】珠柄の、という意味でした。この各節の縦横比が問題になっているので、一つ一つ測ってみました。その結果を図に書き込んでいます。第1~4節までは長さの方が幅より少し長いか正方形状で、第5~6節は幅がやや広めで、㋐と㋑bはこの選択でよいのではと思いました。いずれにしても、これでibarakiを除外することができました。

次の㋒は腹部背板の点刻についてですが、ここで迷い始めました。



これは横から写したもので、T1からT6のTは腹部背板tergumの略です。これによるとT2~T5までは、先ほどの述べた奇妙な模様がついています。各節の前半はクリームでもついたような模様、後半は鱗のような模様です。T1の前半の黒い部分と緑色の前半1/4の部分は艶のある滑らかな構造になっており、後半は鱗のような模様がついています。

このT1前半の滑らかな部分に注目すると、㋒bを選ぶことになるので、次の㋓に進むことになります。でも、ここで脚の色と体長に問題が出てきます。flavitibialisは前・中腿節、前脚の脛節・跗節が明るい黄色になるはずですが、この個体の腿節はすべて緑褐色、また、後脛節も緑褐色で、体長も書いてあるものよりもかなり大きなものになっています。もう一方のpomaceusの体長は♀では範囲内に入っているのですが、T1前半の滑らかな部分の記述がないし、前脛節が緑褐色というところが違います。ということで、ここで行き止まりです。個体変異の範囲内なのか、これらとは別種なのか・・・。

ついでに検索に用いなかった写真も載せておきます。





これは腹部と腹部末端を腹側から写したものです。これは♀なのでしょうか。よく分かりません。

今回は初めてコバチ上科の検索をしてみました。科の検索はまあまあできたのではないかと思うのですが、その先の種の検索では例によって迷子になってしまいました。やはり難しいですね。それにしても、コバチの仲間は拡大するとびっくりするほど綺麗なので、写しがいがありますね。
スポンサーサイト



プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ