FC2ブログ

家の近くのむし探検 アリグモ、ハムシ、バッタなど

家の近くのむし探検 第54弾

3日前の家の近くの林入り口の虫の続きです。



今日はこのアリグモからです。後ろ側からアリを狙って近づいていきました。さぁどうなるかなと楽しみにしていたのですが、すぐに捕まえるわけでもなしに後ろでうろうろするだけでした。



そして、すぐに諦めました。あの大きな上顎をどのように使うのか知りたかったのですが、残念!



しばらく見ていたら、今度は巣を張っている別のクモの巣に潜り込み始めました。巣の持ち主のクモも出てきて対峙しています。取っ組み合いでも始まるかなと思ったら、あっさりとアリグモが後退しました。



そして、何事もなかったのように巣を後にして歩き始めました。これ以上見ていても何もなさそうなので、この日の観察はここまででした。(追記2016/06/04:おちゃたてむしさんから、「アリグモの♂が訪ねているのは同種の♀ではないかと思います。私も先日、♀の巣のまわりで♂がウロウロしているのを見ました。」というコメントをいただきました。そう思ってみると、巣の中にいるのもアリグモみたいですね。アリグモが巣をつくるというのは初めて知りました。コメント、どうも有難うございました



クモついでにこのクモも。たぶん、シャコグモだと思うのですが、別のクモを捕まえています。



次は甲虫です。さすがに林が近いので甲虫は多いです。これはジョウカイボンです。



道をかなり速く動いていく甲虫がいます。結構大きなハネカクシでした。図鑑を見ると、クロコガシラハネカクシ付近の種ではないかと思いました。



これも道を横切りました。クチキムシかな。



これはセマダラコガネ



クロウリハムシ





このハムシは何だろう。キバラヒメハムシかなと思ったのですが、腹板が黒いし、ハラグロヒメハムシだとすると、触角基部第2・3節が暗赤褐色ではないし、オオルリヒメハムシとも違うみたいだし・・・。



甲虫の最後はこのナナホシテントウです。そのすぐ上に赤いアブラムシがたくさんいます。





植物をよく見なかったのですが、これがセイタカアワダチソウなら、セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシという恐ろしく長い名前のアブラムシになるのですが・・・。



これはたぶん、ホシハラビロヘリカメムシ



フキバッタの幼虫だと思えったバッタが林の近くにはいっぱいいます。そのうち、名前が分かるかなぁ。



これはショウリョウバッタの幼虫?



これはセグロカブラハバチかな。



最後はこのハエですが、だいぶ悩みました。結局、ネットの画像検索で調べた結果、ヒロクチバエ科のダイズコンリュウバエと皆さんが出している種に似ている感じです。ヒロクチバエ科という割には大きな口器が写っていないので、ちょっと疑問なのですが・・・。それで例によって翅脈を調べてみました。



見にくいので翅脈を線でなぞってみました。



この翅脈を使って、「絵解きで調べる昆虫」で検索してみました。R4+5とM1+2が翅縁で広がっていないこと、Sc切目がないこと、それに脛節に亜末端後背剛毛がないこと、CuAとCuPの合流部(①)で鋭角になっていないことなどがこの写真から読み取れるのですが、そのまま検索表を進むと実はヒロクチバエ科には到達しません。ヒロクチバエ科にいくには①が鋭角で交わることになっています。それで、MND(Manual of Nearctic Diptera)に載っている翅脈を見てみると、むしろこの写真のように鈍角で交わっています(鋭角、鈍角というのはCuPと書いてある側から見たときの交差角です)。どうやら検索表が間違っているのではないかと思うようになりました。そこを除くとやはりヒロクチバエ科でよさそうです。ついでに、MNDに載っている検索表で属の検索をしてみました。ダイズコンリュウバエ Rivellia apicalisの属するRivellia属には行くには、②が下側に凹む必要があるのですが、ほんの少し凹んでいるといえばいるような状態ではっきりとはしません。というわけで、私の中ではまだ保留状態です。やはり採集しないと、いろいろと調べられなくて駄目ですね。(追記2016/05/31:Korneyev(2001)に載っている検索表を使って検索してみました。その結果、これはRivellia属ではなく、Ellassogaster属のようです。たぶん、ツマグロホソナガヒロクチバエ E. hilgendorfi



最後はお口直しにアメリカフウロの花でした。それにしても花は外来種が多いですね。
スポンサーサイト



家の近くのむし探検 ヒゲナガガほか

家の近くのむし探検 第53弾

3日前に家の近くの林の入り口で調べた結果です。また、写真整理が滞ってきました。虫はいろいろといたのですが、とりあえず蛾とアリから。



林の入り口の道は開けているのですが、だいたいは日陰になっていて以前から虫が多そうだと思っていました。この日はこんなヒゲナガガがいました。





横からと前からです。触角の途中まで黒い鱗粉で覆われているので、これは♀の方です。翅に入った白い帯が太いのでケブカヒゲナガかなと思ったのですが、「標準図鑑」を見ると、アトキケブカヒゲナガ、ムモンケブカヒゲナガという似た種が載っていました。違いがよく分からなかったので、原記載論文である広渡俊哉氏の論文を見てみました。

T. Hirowatari, "A taxonomic revision of the genus Adela Latreille (Lepidoptera, Adelidae) from Japan", Trans. lepid. Soc. Japan 48, 271 (1997). (ここからダウンロードできます)

この論文は、これまでケブカヒゲナガはAdela nobilisだと思われていたのですが、調べてみた結果、A. nobilisは日本には分布していなくて、その代わり、次の3種が分布していることが分かったという内容です。A. praepilosa(ケブカヒゲナガ)、A. luminaris(ムモンケブカヒゲナガ)、A. lutocilis(アトキケブカヒゲナガ)。この論文にはこの3種を見分ける検索表も載っていたのですが、基本的に後翅の特徴と♂の特徴をもとにしているので、この写真で判定するときには使えません。一か所、♀の触角についての項目があったので、そこに注目してまとめてみたのが次の表です。



種の説明にはいろいろと書かれているのですが、使えそうなのは触角長/前翅長、黒色鱗粉部の長さ/触角長の2つかなと思って表にしてみました。最後の欄は次に紹介するヒゲナガガのために作った項目なので、後で説明します。最初の触角長/前翅長は前翅長に対する♀の触角の長さなのですが、ムモンケブカだけが触角がだいぶ長いようです。一番上の写真では翅と触角がほぼ平面上に載るように写っているので、これから触角の長さを折れ線近似で測り、前翅長との比を取ったものがSample1の欄の値です。前翅長は初め縁毛まで含めていたのですが、値がだいぶ小さくなったので、縁毛を除いた値にしました。その結果、比は1.37となりケブカとアトキケブカのエラーバーの範囲に入りました。これでムモンケブカを除けるかもしれません。

次は触角のうち、黒色鱗粉で覆われている部分の比です。説明には半分とか1/3とか書かれていたので、一応、数値にしておきました。実測がその右の欄です。実測はぴったり0.50となりました。アトキケブカは黒色鱗粉部の長さが短いので、この測定で除けるかもしれません。結局、この二つの計測からケブカヒゲナガが最有力になりました。ケブカヒゲナガ類の同定には基本的には後翅の縁毛の色を使わなければいけないのですが、触角を使う方法は野外で撮った写真の判定には使えるかもしれません。



次はこのヒゲナガガです。これも近くにいたのですが、翅の白い帯がかなり細い感じがします。触角が途中まで黒いのでやはり♀です。ただし、その先の細い部分がやけに短くなっています。たぶん、折れてなくなったのだろうと思って、黒い部分の長さと前翅長を比較してみることにしました。それが一番右の欄のSample2で、実測の結果0.84になりました。写真では黒色鱗粉の先端部分が灰色になっていたのですが、光の加減なのかなと思い、この部分も含めた値になっています。一方、上でケブカヒゲナガとした個体は比が0.69となり、論文に書かれていた値から予想したものとぴったり一致しました。やはり、上の写真はケブカで、下の写真はケブカ類ではないようです。残念ながら、ホソオビヒゲナガについての実測値が見つからなかったので、本当にその種かどうかの判定はつきませんでした。



その他の蛾です。これはキスジホソマダラです。マダラガだけに触角の部分が青光りしています。



この間から何匹か見ているニレコヒメハマキとしている個体です。



それから、ホソバナミシャク。やや暗い林の入り口ではとくにこの白さが目立っていました。



蛾の最後は毛虫ですが、クワゴマダラヒトリだと思います。これまで何度か見ていました。





次はアリです。動き回るので、どうもピントがあいません。腹部にはっきりとした白紋が4つあります。「日本産アリ類全種図鑑」の写真と絵合わせしてみると、カタアリ亜科のシベリアカタアリと似ています。シベリアという名前がついていますが、分布図を見ると日本全国に分布しているようです。





次はこのアリ。これもよく見ると、腹部に淡色紋が4つあるようです。たぶん、以前教えていただいたヨツボシオオアリではないかと思います。両方とも採集してきたので、今度検索をしてみます。本当は検索してから紹介すればよかったですね。なんせ今忙しくて、なかなかじっくり検索する暇がありません。



最後はおまけでハナウドの花でした。なんか幾何学的な面白さがありますね。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ