FC2ブログ

家の近くのむし探検 甲虫、カメムシ、クモほか

家の近くのむし探検 第43弾

写真が溜まってきたので、先ほどに続いて、一昨日の公園の虫探しの結果を出します。



まずはこのゾウムシです。この模様には見覚えがありました。「廊下のむし探検」で何度か見ていました。ホソアナアキゾウムシでしたね。



これはセボシジョウカイとしていたものだと思うのですが、ジョウカイボン科の種が急激に増えているので、何が何やら分からなくなってしまいました。とりあえず、「原色日本甲虫図鑑III」ではAthemus vitellinusとなっていたものが、現在はLycocerus vitellinusになっているようです。2013年日本産ジョウカイボン科チェックリストによると、Lycocerus属には48種が載っていました。「絵解きで調べる昆虫」には属までの検索表が載っているので、まずはそのあたりから始めてみたいと思います。文献によると、この属は現在は11種群に分けられることになっているようです。なかなか大変な世界ですね。



これは何だかアカハラクロコメツキに似ている感じです。横からも写してみました。



確かに腹部が赤いですね。たぶん、間違いないのではと思います。



これはバラルリツツハムシかなと思うのですが、自信はありません。(追記2016/05/21:菅井 桃李さんから、「バラルリツツハムシには、尾節板の形で区別するルリツツハムシと言うそっくりさんが居ます。バラルリツツハムシの尾節板は台形で、ルリツツハムシの尾節板は丸いと表現されています。」というコメントをいただきました。「原色日本甲虫図鑑IV」を見ると、確かにルリツツハムシはバラルリツツハムシの解説に注釈として出ていますね。「尾節板には側縁に沿って、明瞭な溝を有する」ということでした。いずれにしても、採集して見てみないといけないですね)(追記2018/01/26:「日本列島の甲虫全種目録 (2017年)」によると、バラルリツツハムシ Cryptocephalus approximatusとキアシルリハムシ Cryptocephalus fortunatusは互いにシノニムで、改めてキアシルリツツハムシ Cryptocephalus (Cryptocephalus) hyacinthinusと呼ばれているようです



それにこの間、間違ったダンダラテントウ



そのダンダラテントウが蛹になっていたすぐ横の塀でナナホシテントウの幼虫がいました。



これはもうすぐ蛹になりそう。こういう塀が好きなのかなぁ。



イトカメムシはもう撮らないつもりだったのですが、また撮ってしまった・・・。



これはコナジラミかなと思うのですが、いつものよりかなり大きな個体でした。(追記2016/05/21:菅井 桃李さんから、「白いのはコナはコナでもコナカゲロウ科です。コナカゲロウも調べてもよく分からないんですよねえ。」というコメントをいただきました。コナカゲロウ科というのは初めて聞きました。コナジラミはカメムシ目ですが、コナカゲロウとなるとアミメカゲロウ目になるのですね。確かに比較してみると、触角がずいぶん違いますね。この写真は黒くて長いですが、コナジラミは白くて短かったです。昆虫の世界は果てしないですね。やってもやっても見たことのない種がでてきます。菅井桃李さん、ご教授どうも有難うございました



今はこのクワキヨコバイ属がたくさんいます。だいたいは近づくと葉裏に逃げるのですが、たまに、こんな風にぼぉーっとしているのもいます。



カゲロウの脱皮殻です。尾が3本ですが、これでは何か分かりませんね。



アリグモの♂がいました。



この前に突き出しているのは上顎らしいのですが、どんな風に使うのだろう。



腹部に赤い紋があるのはウロコアシナガグモでしたね。似た種のエゾアシナガグモの♂ではこの模様はないのですぐに分かるとのことです。



これは♀ですが、たぶん、これもウロコアシナガグモなのでしょうね。



そしてササグモです。捕まっているのはマエジロオオヨコバイかな。



これはネコハエトリかな。



それに昨年教えていただいたエビグモ科のヤドカリグモ



最後は公園に行く道端で見たドクダミの花でした。
スポンサーサイト



家の近くのむし探検 蛾、ハエ、アリ

家の近くのむし探検 第42弾

一昨日の公園での虫探しの結果です。最近、いい天気が続いているので毎日のように公園に行くと写真がどんどん溜まってきます。早く整理をしなけりゃ・・・。



この日はこんな蛾が2,3匹飛び回っていました。たぶん、シロスジツトガですね。マンションの廊下では見たことがなかったですね。ツツジに関係があるのかなと思って「標準図鑑」を見たのですが、寄生植物は分かっていないようです。



これはミダレカクモンハマキかな。



そして、この間もいたヒロバトガリエダシャクの幼虫です。別に斜めになっていたわけではなくて、カメラが斜めになっているからです。



ハエは無数といっていいほどいます。マンションの廊下だと小さなハエも写していたのですが、ここではとても写すことはできません。それで、目立ったものだけを写しています。これはシマハナアブだと思います。

追記2016/05/21:菅井 桃李さんから、「シマハナアブには何種かよく似た別種が居るので、なかなか難しいですね。メスでは特によく似たキョウコシマハナアブとの混同に注意が必要です。普通種で数もそれなりに多く見られるので、前脚脛節外側の毛の長さと密度が分かる写真が撮れないと、どちらか分からない画像が量産されます(笑)」というコメントをいただきました。

図鑑を見て、似ている→これだ!というわけにいかないのがハエ目ですね。大石氏の「ルーペで調べる身近な縞模様のハナアブの見分け方」によると、シマとキョウコシマは♀では前脛節の長毛列が密か疎らかで見分けています。さらに、ほかに近似種が多くあるとのことです。「日本昆虫目録」によると、Eristalis属は13種。そのうち、分布が本州と書いてあるものが6種。「札幌の昆虫」にはこのうち5種の図が載っています。残念ながらキョウコ♀の写真はないのですが、他の種の♀は縞模様が少し違うようです。やはり、シマかキョウコシマかというところみたいですね。図鑑には顔の筋の写真も載っているので、これも重要みたいですね。とりあえず、1匹捕まえてこなくては・・・




交尾中のハエですね。上になったハエが♂みたいですが、左右の複眼がくっついてはいません。ひょっとしてハナレメイエバエの仲間かな。



このハエは以前にも見たことがあったのですが、その時もよく分かりませんでした。今回は採集してきました。暇ができたら検索をしてみます。(追記2016/05/21:菅井 桃李さんから、「赤い複眼でネグロミズアブに似たハエ…居ましたねえ。」というコメントをいただきました。コメントを誤解して、ネグロミズアブ近辺の種なのかと思ってびっくりしました。でも、似ているだけだったのですね。一応、採集したので、今度検索をしてみます。科ぐらい、場合によれば属までは分かるかなと思います



これはこの間も見て、ヒメガガンボかなと思った種ですね。



これはクロバネキノコかなぁ。



マガリケムシヒキが蛾を捕まえていました。捕まえられているのはマエアカスカシノメイガかな。



ユスリカは今度検索をするつもりなので♂を採集してきました。触角がふさふさなので、これは♂ですね。



そして、こちらは♀。上とは別種かな。とりあえず♀はパスです。



これも♂ですね。これも一応捕まえたと思ったのですが、吸虫管で吸っていると何が何だか分からなくなってしまいますね。



これは♀の方かな。近くに水路があるからか、ユスリカもいっぱいいます。



これはマンションの廊下にいた羽アリです。



そして、これは公園のツツジの葉の上。いずれも♂アリですね。昨年のブログを見てみると、翅が茶色で大型の♂アリはクロオオアリだと書いていました。どういう根拠だったか忘れましたが、これもそうかもしれませんね。後の虫は次回に回します。

最後は花ですね。



公園へ行く道で咲いていました。ブタナです。これも外来種ですね。「日本帰化植物写真図鑑」によると、ヨーロッパ原産だそうです。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ