FC2ブログ

家の近くのむし探検 蛾、ハエ、ハチ、クモ

家の近くのむし探検 第34弾

5月8日の公園での虫探しの結果です。昨日、甲虫とカメムシなどを出したので、その残りです。



例のセダカコガシラアブの仲間はこの日はたくさん飛んでいました。だいたいツツジの花の周りを飛んだり、葉の間を縫うように飛んでは、葉の先に止まるという動作を繰り返していました。花に止まった姿は一回も見たことがありません。この日は公園全体で10数匹といった感じでしょうか。それにしても腹の先まで届くようなこの長い口吻、どうやって使うのでしょう。そうか、アブだから虫の体液でも吸うのかなぁ。



ユスリカもいろいろいるので調べてみたいのですが、この間買った「図説日本のユスリカ」で本当に分かるだろうかと思って、ちょっと疑心暗鬼です。(追記2016/05/13:MSWiさんから、「ユスリカはツヤユスリカの何かでは。
斑紋にも結構種の特徴が出るらしいので、見る人が見れば分かるかも。」というコメントをいただきました。今年はユスリカを調べてみようと思っているのですが、なかなか重い腰が上がりません。昨日、セスジユスリカ風のやや大きめのユスリカを採集してきたので、ちょっと頑張ってみようかなと思っています




この間調べたルリチュウレンジは相変わらずたくさんいます。この長い触角が3節だけ・・・。思わず見てしまいます。





ツツジの花の周りを不器用に飛ぶ小さな黒い虫。気になってつい写してしまいます。この間捕まえて検索をしたらコマユバチ科になりました。その後の検索は進んでいません。



こちらのハチはよく分かりません。



蛾はマンションの廊下にいたヒメサビスジヨトウ





それに、公園のツツジに止まっていた、たぶん、チャノコカクモンハマキヤマトカギバ



毛虫はできるだけ撮っておこう思っているのですが、ツツジにいるからツツジが食草というわけではないみたいですね。食べている姿を写さないと・・・。これはぶら下がっていただけ。やっと名前が分かりました。たぶん、ヒロバトガリエダシャク



こちらは確実にツツジを食べているのですが、名前が分かりません。(追記2016/05/13:菅井 桃李さんから、「ツツジを食べてるのはハスオビエダシャクでしょう。広食性で、あまり他のものが食べないサクラソウ科なども食べてます。あちこちで見掛けることが多くなると思いますが、コイツに関しては食草を気にすることはありません。」というコメントをいただきました。どうも有難うございました



これは先日見たチャバネフユエダシャクかな。



最後はクモです。これはマンションの倉庫に壁に止まっていたマミジロハエトリ♂です。



これは公園のツツジの花にいたマミジロハエトリ♀?



では、これは何だろう。分かりませんでした。(追記2016/05/13:MSWiさんから、「最後のハエトリはネコですね。
斑紋より顔つきを見た方が分かりやすいタイプだと思います。茶色っぽいアイリングにもっさりした触肢です。」というコメントをいただきました。ネコハエトリはなかなか分からなかったのですが、顔を見ればよいのですね




これはたぶん、クサグモの幼体かなと思うのですが、よくは分かりません。

毛虫とクモが続いたので、最後は花にしました。



ニワゼキショウ。今、公園はこの花でいっぱいです。
スポンサーサイト



プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ