FC2ブログ

虫を調べる ズマルツヤコハナバチ?

先日、ツツジの花に来ていたハナバチを採集しました。それからずっと調べているのですが、最後の種の同定のところがどうもはっきりしません。でも、とりあえずこれまでのところをまとめてみました。



調べているのはこんなハナバチです。



大きさを測ってみました。体が折れているので、破線に沿って測ってみました。体長は8.8mmとなりました。

ハナバチの検索表は、「日本産ハナバチ図鑑」に載っています。それを使って検索してみると、コハナバチ科コハナバチ(Lasioglossum)属コハナバチ(Lasioglossum)亜属になりました。とりあえず、ここまでの検索過程を検索表に載っている項目で調べていきたいと思います。



用いた検索項目は以上の8つです。これを各部の写真で確かめていきたいと思います。



これは顔の拡大です。全体に丸い顔です。前の方にちょこっと出ているのが舌です。ちょっと下から撮ってみました。



検索項目にある中舌と下唇鬚はともにはっきりとは写っていないのですが、これらの項目はミツバチ科・ハキリバチ科やムカシハナバチ科でないことを確かめる項目なので、たぶん、大丈夫でしょう。とりあえず、中舌の先端が二股に分かれていないことや下唇鬚が短いことは分かります。



この写真では頭部と中胸盾板が密に点刻されていることが分かります。



次は翅脈です。いつものように名前を付けてみました。ハチでは翅脈や翅室に独特な名前を付けています。検索表ではその名前が使われているので、それを使って書いてみると次のようになります。



この写真では中脈が強く湾曲することに注目します。これがコハナバチ科の特徴です。次に第3亜縁室が第1亜縁室より短く、第2亜縁室より少し長いことが分かります。これはヤドリコハナバチ属、アトジマコハナバチ属、コハナバチ属の特徴です。次は翅脈の太さについてなので、さらに拡大してみます。



この写真から、第2肘間脈が径分脈より細いこと、第2逆走脈が第1逆走脈より細いことが分かります。これでコハナバチ属であることが確かめられます。さらに、第1肘間脈が径分脈より少し細いですが、ほぼ同じような太さなので、これからEvylaeus亜属でないことが分かります。この太さの違いは微妙ですが、図鑑の写真を見ると、このくらいの太さの違いはOKのようです。



この写真は腹部を示したものですが、腹部の毛が各節の前部にあることが分かります。また、後脚脛節に刷毛があるので♀のようです。



最後は後脚脛節の距に鋸歯状の歯があることです。この写真でははっきりしないので、もう少し拡大してみました。



この写真を見ると、矢印の部分に確かに鋸歯が見えます。これでコハナバチ(Lasioglossum)亜属であることが分かりました。

とりあえず、これでコハナバチ属コハナバチ亜属であることは確かそうですが、ここから種を同定するのがなかなか難問です。本州産のコハナバチ亜属には10種いるのですが、それぞれの♀の特徴をまとめてみました。



だいたいは頭部とか、中胸盾板とか、前伸腹節とか、腹部第1背板についてです。なかなか微妙な表現が多くて難しいのですが、写真を見ながら調べていきたいと思います。



顔の写真は図鑑の中の写真と合うように角度を調整しました。その結果、かなり丸い顔をしていることが分かりました。これだけ丸い顔はハルノツヤとズマルツヤの2種くらいしかいません。これは判定のかなり重要な要素になりました。



中胸背板の点刻は、大小2つの点刻でも、市松模様でもありません。これでエブメルツヤとミヤマツヤが候補からはずれそうです。



単眼の後ろは幅が狭いことが確かめられました。これで、アルマンカタが候補からはずれました。



前伸腹節水平部には縦の隆起線が見られました。これで、シロスジカタ、サビイロカタ、ハルノツヤ、フタモンカタの4種が候補から落ちそうです。垂直部周縁の稜は下まで伸びていました。これでハルノツヤでないことが分かります。



前伸腹節から腹部第1背板あたりの写真です。腹部第1背板には点刻が見えます。この部分を拡大してみます。



黄色の線で囲まれた部分に点刻があります。図鑑の説明では、点刻の分布や粗密をどう言葉で表現しているのかよく分かりませんでした。

これらを○△×で評価したものが上の表の右欄です。二つ項目があるところは二つ印がついています。濃い×で書かれたものは明らかに今回の個体と違うと思われる部分です。これに対して、腹部第1背板の点刻についてはよく分からないので△で書いています。この判定から、可能性の高いのはニッポンカタコハナバチか、ズマルツヤコハナバチという結果になります。ところが、ニッポンカタコハナバチは顔が長いので、今のところ、ズマルツヤコハナバチが最有力候補になっています。図鑑の説明には、長いとか短いとか、密だとか疎だとか、相対的な表現が多く使われているのですが、たくさんの個体と比べてではないとなかなか分からないですね。
スポンサーサイト



家の近くのむし探検 ガ、バッタ、クモなど

家の近くのむし探検 第31弾

昨日はずっとハナバチを調べていたので、公園でのむし探しの整理が遅れてしまいました。5月5日子供の日の分です。この日もたくさんいたので、2回に分けます。特に、ハチ、甲虫は名前の分からないもの続出で、後に回そうと思います。



まずは蛾からです。マンションの花壇に縁にいました。ずいぶん派手な色の蛾です。「大図鑑」で調べると、オオギンスジハマキというようです。私は初めてだったのですが、「大図鑑」によると、日本全土、朝鮮に分布し、原名亜種は中国、ロシア、ヨーロッパに分布する世界的な種のようです。リンゴ、サクラ、スモモ、カキ、カエデなど多数の広葉樹につくとのことです。



マンションの地下駐車場にいました。ここは蛾観察の穴場かもしれませんね。駐車場の入り口は幌で覆われていないので、蛾は自由に入ってこれます。これは翅の中央が緑に光っていないので、オオアオシャチホコだと思います。



そして、これもマンションの駐車場にいたウラベニエダシャクです。



これからがやっと公園で観察したものになります。ツツジの葉にいた毛虫です。これまで毛虫の名前がずっと分からなかったのですが、これはやっと分かりました。たぶん、チャバネフユエダシャクの幼虫です。「原色日本蛾類幼虫図鑑(下)」によると、幼虫は5月上旬に老熟して土中に入り、土粒を綴って蛹化し、成虫は12月ごろ出るとのことです。毛虫といえど、名前が分かると嬉しいですね。



マンションの手すりの上でくるくる回りながら踊っていました。ちっとも止まらないので、フラッシュをたいて強引に撮った写真がこれです。



やっと止まってくれたですが、今度は隅っこで半分しか写りませんでした。いつものオオチョウバエとは違う感じです。ネットで探しているとクロハネビロチョウバエに似ている感じですが、よく分かりません。「日本昆虫目録 第8巻 双翅目」によると、チョウバエ科には32属73種が載っています。これに対して、「原色昆虫大図鑑III」には7属9種。種まではまだまだ先が長いですね。



例のセダカコガシラアブの仲間がまたいました。右から撮ったり、



左から撮ったり、



後ろから撮ったりしました。後ろからだと案外まともですね。この独特の格好のまま飛ぶので、飛んでいてもよく分かります。クモに寄生するというので、行動を観察していたのですが、ひとしきり花や葉の間を縫うように飛んでから、花に止まるわけでもなく、こんな感じで葉の先端に止まります。こうしてしばらく止まっていると、またうろうろと飛び回るという行動をしていました。



バッタがいました。幼虫だということ以外には分かりませんでした。



カマキリもよく分かりません。(追記2016/05/10:菅井桃李さんから、「バッタは成虫でも難しいですが、カマキリはほぼオオカマキリです。チョウセンカマキリの幼虫は確認してませんが、生息環境から絞れると思います。」というコメントいただきました。今のところ、カマキリの幼虫はほとんど区別がつきません。これから勉強してみます。どうも有難うございました



そして、たぶん、コカゲロウ♀亜成虫。これも名前が分かりません。コカゲロウなら、後翅を拡大するとある程度種が分かったのですね。忘れていました。



ウロコアシナガグモあたりのクモです。しかも、♀のようです。「日本のクモ」によると、♀ではエゾアシナガグモとの区別がつきにくいとのことで、これも保留になりました。



ヤミイロカニグモ



後はこんなゴミグモです。いろいろ考えたのですが、ギンメッキゴミグモの幼体ではないかと思っています。ちょっと拡大しておきます。



ごみの中にアリの腹部のようなものが見えます。

虫はいっぱいいるのですが、名前の分からないものばかりですね。これから調べるハチと甲虫はもっと分からない!マンションの廊下では蛾が多かったので、ある程度名前調べができたのですが、蛾の少ない公園ではもろ難問づくしですね。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ