FC2ブログ

ヒメセアカケバエを調べる

この間から、勉強のためにいろいろな虫を調べているのですが、今回はヒメセアカケバエというケバエ科についてです。ケバエの仲間ではこれまで、Bibio属、Plecia属を調べたことがありましたが、ヒメセアカケバエの属するPenthetria属は初めてだったので、楽しみにしていました。

まず、ヒメセアカケバエというのはこんな虫です。





上は♂、下は死んでいるのですが、♀です。矢印は前脚の脛節末端を示しているのですが、ここに棘が2本あるのがBibio属です。この個体はないので、それ以外の属に属していることが分かります。ケバエの仲間については次の論文に詳しく載っています。

D. Elmo Hardy and Mitsuo Takahashi, "Revision of the Japanese Bibionidae (Diptrera, Nematocera)", Pacific Insects 2, 383 (1960)(こちらから、pdfをダウンロードできます)

これに従って、上の個体を調べていきたいと思います。まず、その部分の検索表を抜粋して載せると次のようになります。なお、原文は英語なので適当に訳しています。また、素人がやっていますので、そのつもりで見て下さいね。



まず、①aの翅脈について見てみます。



これは♂の翅ですが、Rs脈というのはR1脈に達する脈から途中で分かれている脈です。この脈が末端に行くときに分岐するかどうかという項目です。見るとすぐに分かりますが、Rs脈はR2+3脈とR4+5脈に分岐しています。後で示すように、このR2+3脈の形が分類には重要になってきます。

①bの脚が単純というのは、棘がないことを意味しています。さらに、②の触角と複眼については次の写真を見てください。



触角は全部で12節からなっていますが、そのうち第3節は黒矢印で示しています。これが長くならないというのですが、もともと触角の長い種を除外するための項目なので、この写真では少し長いですが、これは構わないのではと思います。また、この写真も♂ですが、白矢印で示すように左右の複眼は接しています。③については、Fig.1を見ると、先ほどのR2+3脈が長く、その下のR4+5脈とほぼ平行に走っていることが分かります。Plecia属ではこれが短く、R4+5脈にほぼ垂直に走ります。これで、Penthetria属に属することが確かめられたことになります。

次に種への検索です。④に関しては次の写真を見てください。





まず、④aについては、中胸背板の後ろ半分が赤褐色になっています。Fig. 4は♂後脚ですが、④bの基跗節は跗節第1節を示しています。この節が膨潤していていることを言っています。この節の長さと幅の比は実測すると3.9倍になって、書かれていた値3-3.5よりは少し長くなっていました。⑤aについては、Fig. 1を見て、M1脈がr-m横脈に直接結合していることが分かります。

さらに、♂交尾器は特徴的な構造をしています。





これは腹側からと背側から撮影した交尾器の写真です。非常に特徴的な形をしていて、論文に書かれている図ともよく合っています。ということで、この種はPenthetria japonica、すなわち、ヒメセアカケバエということになります。

もう少し特徴を調べるために、「原色昆虫大図鑑III」に書かれている説明を見てみましょう。



検索表と重複している部分もありますが、それ以外の特徴も載っているので、もう少し調べてみました。関連する写真を載せると、





まず、頭部に関してです。Fig. 7は♂ですが、Dについては、触角基部直下のくぼみを白矢印で示しています。写真では分かりにくいのですが、ここに深いくぼみがあります。Fig. 8は♀ですが、額帯中央の広い隆起帯を白矢印で示しています。これも分かりにくいのですが、ゆるく隆起しています。

胸部については次の写真を見て下さい。



これは胸部背板を♂と♀で比較したものですが、♀の方が赤褐色部分がやや広くなっていることが分かります。これがFに該当しているのかなと思っています。

翅についてはすでに述べたので、次は脚についてです。



これは♂後脚ですが、説明 I に書かれているように、腿節より脛節の方が少し太い感じがします。ということで、いろいろな特徴もほぼ確かめることができました。

このように種名がだいたい予想されるときには、その特徴も調べやすいですが、まったく、分からないものについては、検索をしても不安でなかなかその特徴も調べられません。もう少し経験を積まないといけないなと思っています。

スポンサーサイト



廊下のむし探検 キマダラカメムシ初登場

廊下のむし探検 第402弾

キマダラカメムシ
という南蛮渡来のカメムシがいます。私もこれまで奈良や大阪市内で見たことがあったのですが、私の住んでいる北摂では見たことがありませんでした。それが昨日、マンションにもやって来ました。





大きさはクサギカメムシを一回り大きくした程度で、かなり大型です。廊下の手すりに止まっていたのですが、カメラを向けると裏側に回ろうとするので、なかなかうまく撮れません。そのうち、遠くへ飛んでいきました。かなりの飛翔力を持っています。

1993年に出された「日本原色カメムシ図鑑第1巻」には、1770年に長崎の出島で新種記載されたが、その後、150年間発見されず、近年、九州で分布を拡大していると書かれていました。2012年に出された「第3巻」には、国内で分布をさらに広げつつあり、現在では滋賀県まで定着していると書かれていました。サクラ、カキなど25種の樹木に幼虫・成虫は寄生するようです。(追記:星谷 仁さんから、「キマダラカメムシはこちら(東京郊外)では2011年に初めて見ました。まだ狭山丘陵ではみたことはないのですが、市街地ではよくみかけるようになりました。最近はサクラで見かけることが多いです。」というコメントをいただきました



昨日も出した、ケブカカスミカメです。



廊下にこんな小さなカマキリが死んでいました。



ちょっとひっくり返してみました。おそらくヒメカマキリですね。昨年も10月中頃に見ました。





最近はクサカゲロウの姿をよく見かけます。上と下の写真の個体はよく似ていますが、下の個体は翅の横脈が黒いところや、背中を走る黄色い筋がはっきりしていないところなどが違います。調べてみると、上はヤマトクサカゲロウ、下はフタモンクサカゲロウでした。(追記2016/06/05:顔を拡大してみると、下はクロヒゲフタモンクサカゲロウでした



春はたくさん見かけたのですが、しばらく見ていませんでした。オナシカワゲラの仲間ですが、名前は分かりません。





歩いていると、アリが歩いているような感じでした。アリグモではなくても、アリに擬態しているのかもしれません。以前、サラグモ科のチビサラグモかもと書いたのですが、腹部の形が違うのでもう一度調べ直したら、ヘリジロサラグモ♂の方が合っているかもしれません。



これはタナグモ科のコクサグモかなと思います。

虫の数は減ったとはいえ、まだ、そこそこいますね。蛾は次回に回すことにします。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ