FC2ブログ

廊下のむし探検 ヤモリがいるよ

廊下のむし探検 第400弾

マンションの玄関のインターホンが鳴るので出てみると、「ヤモリがいるよ。」という声。いつもの掃除のおばさんです。



早速行ってみると、廊下の壁の隙間に小さなニホンヤモリがいました。



顔を拡大するとこんな感じです。全身が鱗が覆われているので、やはり爬虫類ですね。目は細く開いているのでしょうか。それにしても、今年はよくヤモリを見ますね。それまであまりいないと思っていたのですが。

この日は名前調べがたまっているので、「廊下のむし探検」は休みにしようと思っていたのですが、ついでに歩いてみることにしました。



最近はこのサビマダラオオホソカタムシを多く見ますね。この日も2匹見ました。



オオトビサシガメもよく見るようになりました。



なかなか格好のよいハチなのですが、またもや名前が分かりません。ハチはどうやって調べたらよいのやら。



これはハエの仲間です。なかなか変わった翅脈をしているので、それを手がかりに探してみました。DrawWingという面白いサイトがあるのですが、ここから同じような翅脈のものを探してみると、キノコバエ科ヒゲタケカ属にたどり着きました。合っているかどうか分かりませんが・・・。(追記:通りすがりさんから、「ヒゲタケカは以前は独立した科でしたが、今は特徴的なキノコバエ科の属という分類になってますね。」というコメントをいただきました



天井に止まっていたのですが、脚の色から、チラカゲロウの亜成虫のようです。



これはマダラスズですね。(追記:これは♀で、翅が短いですね。ネット情報によると、♂には長翅型と短翅型があって、♀は翅が短いようです



こちらはドクガです。モンシロドクガといいます。普通、黄色の蛾は毒毛を持っていることが多いのですが、この蛾は白いのですが、♀は毒毛を持っているので要注意です。



こちらはウチジロマイマイというドクガの仲間ですが、これは毒毛を持っていません。



目立たない色ですが、これも蛾の仲間です。チャオビチビコケガというヒトリガの仲間です。



この蛾の名前調べにはちょっと苦しみました。色は薄いのですが、たぶん、オオタバコガかなと思っています。(追記:通りすがりさんから、オオタバコガとタバコガの区別には後翅を見ないと・・・というコメントをいただきました。この写真からでは区別はちょっと難しそうです



こちらはヒメツバメアオシャク



それに、ネグロシマメイガ



そして、最後はヤマトカギバです。

これでやっと昨日の分が終わりました。
スポンサーサイト



廊下のむし探検 マエジロアツバほか

廊下のむし探検 第399弾

一昨日の蛾です。慌てて報告します。



よく見る蛾なのですが、名前が思い出せません。図鑑を調べてみたのですが、それでもなかなか見つかりません。ちょっと苛立たしくなって、標本箱を見に行ったら一発で分かりました。ヤガ科のマエジロアツバです。名前を見ると、そうだなとすぐに理解出来ました。それにしても、変わった色合いの蛾ですね。前翅の下半分と後翅はまるで白い毛が生えているような感じですが、標本の翅を拡大してみると、こんな感じです。



チョウや蛾は鱗粉一枚が一つの色を受け持って翅の模様を作っているのですが、この蛾の場合、白い鱗粉がほとんどランダムに分布しています。こんな配色をわざわざ設計して作ったとすれば、すごいですね。

その他の蛾についても紹介します。



これはテンモンシマコヤガという蛾です。



これはシロシタヨトウです。



壁にゴマフリドクガが止まっていたので、ちょっと接近して撮りました。ただし、この個体の触角はふさふさしているので、おそらく♂ですね。♂は毒毛を持っていないので大丈夫なはずですが、やはり近づくとちょっとどきどきします。



この間から、マエグロホソバかヨツボシホソバの♀が来ていますが、この写真では翅脈が分からないので、どちらか分かりません。



これはウスネズミエダシャクといいます。いつも思うのですが、もう少しいい名前をつけてあげればと思いますね。



どうも色が良くないのですが、おそらくウラベニエダシャクだと思います。普通は黄色のもう少し綺麗な色なんですが。



パイプの陰に隠れていますが、尾がつきでているので、ヒメツバメアオシャクだと思います。



これはこの間もいたヒメクロミスジノメイガだと思います。



これもこの間いたトビモンコハマキです。



翅に3つの黒点があるので、ミツボシキバガの仲間だと分かりますが、似た種が多くていつも迷います。今回ももう少し粘ればよかったのですが、ちょっと焦ってしまって・・・。名前はよく分かりません。

廊下のむし探検 カメムシ、チャタテ、クモなど

廊下のむし探検 第398弾

最近は虫の名前調べに追われています。今回は一昨日の「廊下のむし探検」の結果なのですが、もう昨日と今日の分が次に控えています。

この日はカメムシがいろいろといました。



似たような種が多くていつも迷う種です。図鑑を調べてみると、「日本原色カメムシ図鑑第3巻」にこの辺りの種の詳しい説明が載っていました。一応、絵合わせでスコットヒョウタンナガカメムシかなと思ったのですが、どうでしょうね。なお、体長は6.0mmです。



これはカスミカメの仲間ですね。これも図鑑で調べてみると、図鑑より色が少し地味なのですが、ケブカカスミカメではないかと思いました。



クヌギカメムシの仲間です。マンションではこれまでヘラクヌギカメムシしか見ていないので、おそらく、ヘラクヌギカメムシでしょう。



次はチャタテです。これは以前も見たチャタテムシですが、名前が分かりません。目がちょっと可愛いですね。



ウロコチャタテの仲間だと思うのですが、普通のウロコチャタテに比べると、白い筋が一本足りない感じです。ただ、翅の一部が黒くなっていて、どうやら鱗粉が剥離しているようなので、おそらく普通のウロコチャタテではないかと思います。





これもこの間からいるヨツボシクサカゲロウのようですね。



トビケラの仲間です。トビケラも今のところお手上げの状態です。そのうち調べてみたいですね。(追記2018/02/02:触角の基部の雰囲気がニンギョウトビケラ科に似ていますが、どうでしょう



雄アリも今のところお手上げの状態です。これもそのうち調べてみたいなと思っています。



模様がはっきりしているのですが、名前が分かりません。クモも大きな図鑑が欲しくなってきますね。



これはいつもいるアリグモですね。ヤサアリグモだと思います。



色がいつもと違うので、ひょっとしてワラジムシかなと思って撮ったのですが、尾がありません。やはりダンゴムシの仲間のようです。さらに、後ろから撮った写真では逆三角形の部分が見えるので、やはり普通のオカダンゴムシのようです。

蛾は次回に回します。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ