FC2ブログ

廊下のむし探検 カメムシと甲虫類

廊下のむし探検 第57弾

冬に逆戻りしたように寒い朝が続きます。マンションの廊下には、あまり虫はいないだろうなと思って歩いてみました。たしかにざっと見たときにはほとんど見掛けなかったのですが、一旦、小さなものまで見つけようと思うと、いるわいるわ、たくさんの虫がマンションの壁に止まっていました。

まず、カメムシから始めます。





一見して、カスミカメという名前が出たのですが、図鑑を調べても、それからがなかなか分かりませんでした。結局、先日、オスがいたブチヒゲカスミカメらしいということが分かりました。オスとはずいぶん色が違うので戸惑いました。(追記:ブチヒゲではなくて、コブヒゲの間違いですね)



これは見間違うはずのないツチカメムシの仲間です。白い点が三つあるので、ミツボシツチカメムシです。これからは甲虫の仲間です。



これはカミキリモドキだろうと思って、図鑑を調べてみました。今度は当たりで、キアシカミキリモドキというのが一番近いようです。



これはアカハムシダマシです。大変綺麗なので、思わず採集してきました。



先日もいたヒシモンナガタマムシです。タマムシというと結構大きな虫を連想しますが、これは、体長わずか6mmしかありません。この形のままでとにかくじっとしています。これも採集しました。



形が変わっているので、これは分かりやすいなと思って、家に帰ってから図鑑を調べてみるとびっくり。似たような種がぞろぞろ。エンマコガネの仲間であることは確かなのですが、種までは分かりません。



これも、ゴミムシの仲間かなと思って写真を撮ったのですが、結局、名前まではたどり着きませんでした。



これはセマダラコガネだと思います。図鑑を見ると模様の変異が多いようです。(ウスチャコガネのメスではないかというコメントをいただきました)(その後、知り合いの先生からもウスチャコガネのメスだというメールをいただきました。飛んでいるのはオスでメスはあまり見ないそうです)



先日の経験から、これはジョウカイボンかなと思ったのですが、ぴったり合うのがありません。それでは、ホタルの仲間だろうと思ったのですが、それも外れ。結局、アカハネムシというアカハネムシ科の甲虫でした。似た種があり、最終的な種までは分かりません。甲虫は難しい!



これからは甲虫以外の「むし」たちです。これはクロハサミムシです。オスはこんなにハサミが大きいのですね。



廊下の壁に止まってじっとしてます。体液を吸っているのでしょうか。アブの仲間であるのは間違いないのですが、種までは分かりません。



最後はクモです。脚の形からカニグモであることは間違いないので、クモ図鑑を調べてみました。オチバカニグモの種類だということは分かったのですが、やはりそれ以上は分かりませんでした。

蛾は、以前、収集していたことがあったので、だいたい名前は分かるのですが、甲虫を詳しく見るのは初めてなので、名前を調べるだけでも一苦労です。でも、少しずつでも名前を覚えられて嬉しいです。
スポンサーサイト



プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ